FC2ブログ

ダイスケ選手vsミキ選手

試合1週間前なので、ハードなスパーリングは今日で終了。

そこで本番前に、スパーリングパートナーであるミキ選手との試合形式による対決をやってみることにしました。

ロッキー戦と同じ「誰でもジャッジ方式」による判定勝負。
1ラウンドごとに紅白の旗で優勢であった選手を支持してもらいます。
今回は、その場に居合わせた、カミオカ選手、ジョー選手、コン選手の3名にお願いすることとなりました。

それでは、ライト級3回戦 ダイスケ選手vsミキ選手をお楽しみ下さい。

moblog_fcacb281.jpg

本番の試合は2ラウンド制で行なわれるのですが、それよりハードな3ラウンドで、選手のポテンシャルを引き出させることにしました。

その第1ラウンド。
いつも、スタートは緊張で少し堅いことが多いミキ選手。
今日は、鋭いジャブで先手をとっていく素晴らしい立ち上がり。

ダイスケ選手とのスピード差は明らかで、ジャブからテンポよく、フック、ストレートとコンボを繋げていきます。高校生の頃から切れのある攻撃でしたが、パワーもついたので驚愕の破壊力!!

私が相手をしても、これは危ないぞと感じるほどでした。

ダイスケ選手もテクニックを駆使して、要所で強いジャブを浴びせるのですが、迫力とヒット数で、このラウンドは3名ともミキ選手を支持しました。

第2ラウンドは、途中でダイスケ選手が装着している赤いヘッドギアが外れてしまうというアクシデントが度々ありました。

私も赤いヘッドギアを使用したときは、フィット感が悪く、視界を遮られることがあり、異常に気がついていたのですが・・・
メンテナンスの面で不備でした。本当に申し訳ない。

moblog_ae4a4ee9.jpg

そんなトラブルに水を差されることもなく、両者のファイトはヒートアップ。

ミキ選手のコンビネーションブローに対して、ダイスケ選手も、カウンターでクリティカルヒットを与えます。ミキ選手の体が縦に揺れるほどの衝撃!
更に連打で追いたてますが、ミキ選手の反撃もパワフルで負けてない。
テクニックだけじゃなく、本当にタフになったな・・・

このラウンドは、見方によると感じましたが、やはり評価は分かれました。
カミオカ、ジョーの2人はミキ選手に、コン選手はダイスケ選手を支持。
今回、私はジャッジに加わりませんでしたが、このラウンドは私もダイスケ選手を支持したでしょう。

最終ラウンド、判定ではすでにミキ選手の勝利は確定。
ノックアウトするしか道がなくなったダイスケ選手。

しかし体力的にも、与えたダメージでも、ミキ選手が圧倒的有利。
珍しくダイスケ選手が流血しています。

それほどにミキ選手のパンチが破壊的ということですが、それ以上に、一つ一つの技の精度が高いからということを私は強調しておきたい。

ボクシングに一夜漬けの特訓は必要ない。
日々の積み重ねが大事ということを。

3ラウンドは、その差がダイレクトに表れ、ミキ選手の精度の高いパンチが次々とクリティカルヒットします。準備不足のダイスケ選手では、試合の流れを盛り返すことはできませんでした。

しかし、完全にノックアウトされてもおかしくない状態のはずなのに、ダイスケ選手の動きは、予想よりしっかりしていました。

最後まで、きっちり打ち合いを演じてみせたのはさすがです。
私なら、あの状況では手が止まってしまうでしょう。

判定は、もちろんミキ選手の勝利でしたが、終わった後、ヘッドギアを外したミキ選手も鼻から出血していたことを確認。

激戦であったことを物語っています。

スポンサーサイト



プロフィール

MOK

Author:MOK
元MOKボクシングジム代表。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる