FC2ブログ

ジョーの野望 ROUND8 対戦決まれど・・・

moblog_881cca95.jpg
<ジョー選手は、ハマグチ選手とミキ選手の違いをよく知っている。今はまだ・・・>

5/29(日)に行われる予定の第32回拳合大会。

昨年11月の前大会に続き、今回もボクシングルールでの試合となる。
だが、出場を希望している、ミキ選手の相手ができるほどの選手がいない。

そこで、プロボクサーになるべく、修行中のハマグチ選手の激励と勉強を兼ねて、ふたたび、ミキ選手と対戦させてみようということになったのだが・・・

直近のミキ選手の練習を見ていると、いかに本格的なジムワークを始めたハマグチ選手とはいえ、両者の間にある実力の差というのは、依然として大きなものがあった。

二人と練習で拳を交えたジョー選手も、そのことは強く感じていたので、現段階では、お互いにとって、意味のある相手とやるべきではないかと思い、考え直すことに。

それにしても、強過ぎて相手がいないというのも考えものだ。


スポンサーサイト



ゴールデンウィークもやってます

今年のゴールデンウィークは暦どおり。
祝祭日の営業時間は、12~17時ですのでお間違いなく。

そして今日、土曜日は、14~23時までの営業です。

昔に比べて、営業時間のパターンが増えたし、近年は変更も多かったので間違いやすいと思います。本当は、4月から日曜、祝祭日の営業時間を、また見直すつもりでしたが、今年は、諸事情により、展開が読めないこともあり、しばらくはやめときます。

うちのジムは、休業日さえ確認しておけば、平日、土曜日、日祝祭の3パターンです。
休業日は、大体が日曜日にしていますが、たまにイレギュラーがあります。

(MOK代表 原)


トヨダ選手が蒼龍戦を制す

moblog_77ea2d0a.jpg
<第4代新人王は、トヨダ選手に決定>

第4回拳合新人王は、オールノックアウトという圧倒的な強さでトヨダ選手が優勝。
青色の優勝カップ、蒼龍杯を手中にし、MOKジムの歴史に名を刻みました。

今回は、初のワンデイトーナメント方式を試みましたが、全試合3ラウンドまでいかないという早期決着だったので、ちょうど1時間ほどで終了。

決勝まで最大4試合を戦わなければならないこともあり、選手の負担を心配していましたが、問題なく無事に終えることができました。

大会を手伝ってくれた、ジョー選手、アマノ選手、ダイスケ選手に感謝します。


moblog_3e19a356.jpg
<戦いを終えた、6人の戦士たちで記念撮影>

そして、忙しいスケジュールの中、地道に練習を続けてきた参加選手たち。

今回のイベントで、それぞれ感じたことはたくさんあるでしょう。

約束の日までに、己を鍛え上げ、コンディションを維持する難しさ。
プロにはプロの厳しさがありますが、皆さんのように、本業の傍らでボクシングをやる難しさというのを、私は一番よく分かっているつもりです。

拳合ルールという難しさも感じたのではないでしょうか。
勝敗は兵家の常ですし、このルールでは、私も普通に負けますから、今後も練習の一環として、各大会に参加してくれたらうれしいです。

そして、普段は別々の時間に練習してきた人同士が、一堂に会する。
このような大会のいいところだと思います。

参加してくれた6人の戦士たち。
本当にお疲れ様でした。

素晴らしいファイトを見せてくれてありがとう。


歴史的な大会となるかも

明日は、予定通りに全試合が行われれば、9試合のレフェリーをやることに。
毎度のことですが、かなり神経を使う作業なので、終わったあとはかなり消耗します。

しかし、今回ばかりは選手の消耗のほうが、私の比ではないでしょう。
拳合ルールとはいえ、決勝まで、最大4試合を戦わねばならないのですから。

新人選手には厳しいと思いますが、この経験が次の拳合大会に活かされていきます。
その意味でも、今後の大会運営の分岐点となる歴史的な大会となるかもしれません。

もちろん、安全第一なので、疲労が激しいようなら、私の判断でストップを宣告します。
とにかく怪我しないように、楽しい大会にしましょう。

(MOK代表 原)

5月の予定

≪休業日≫
5/8(日)
5/22(日)
5/29(日)


尚、ゴールデンウィークは暦通りの営業となります。
お間違いのないよう確認お願いします。

 
第32回拳合大会を、5/29(日)に開催します。通常の練習はお休みですが、参加者と大会をサポートしてくれる会員の方は、練習もできます。

営業時間は、12~17時。
大会開始時間は、14時からとなります。

ジョーの野望 ROUND7 究極の試合

moblog_f3148ba7.jpg
<拳合大会の歴史は、この2人から始まった>

ジョー選手とミキ選手。

約4年前、この2人がボクシングルールで戦った、拳合第一回大会。
あれから、様々な対戦形式を試みながら、たくさんの試合を重ねてきた。

タッグトーナメントのような、特別な大会を除いた拳合大会だけで31回。
両者の対戦は、拳合ルールやタッグ戦と形を変えながら、今も続いている。

現在、ジョー選手は、自身の体質改善に真剣に取り組んでいて、以前のような無茶な減量ではなく、長期的なプランで体を絞っている。ミキ選手が本腰を入れて体を作ってくれば、また、いつの日かボクシングルールで戦う日も来るだろう。

ジョー選手は、以前から、自分のベストな体重とコンディションでボクシングをやりたいと言っていた。最高の状態で、この2人が戦えば、究極の試合になる。

年間MVPは、間違いないだろう。

組み合わせ決定

蒼龍戦の組み合わせを決定しました。

出場の確認がとれている6人の選手によるトーナメント(敗者復活戦あり)となります。

試合当日、どうしても参加できなくなってしまった場合でも、不戦勝としてトーナメントは進行しますので、安心して下さい。

今回、参加できなかったとしても、今後、このようなトーナメントは、以前のように月1回は必ず開催します。まずは、軽量級のチャンピオンを決める大会を、近いうちにやってみようと思います。。

来月は、ボクシングルールで2試合を予定しています。

ミキ選手がエントリーしていますが、対戦相手が未定です。
彼とボクシングルールで拳を合わせる勇気がある方は、MOK代表に連絡して下さい。


(MOK代表 原)

あと1週間

いよいよ、1週間後に迫った蒼龍戦。

試合の日に合わせてコンディションを整えることも重要なポイントだけど、起こりそうにないことが起こるのが人生というもの。

突然の怪我や病気。もしくは、あれほど楽しみにしていたのに、途中でジムに来なくなってしまい、音信不通なんてこともありと、試合以前のトラブルもたくさんあります。

その諸々を乗り越えて、決戦の舞台に立つ選手たち。
今年は、どんなドラマが生まれるのでしょうか。


(MOK代表 原)

カテゴリー分けした大会を増やします

蒼龍戦(新人王トーナメント)も近いですが、今年の参加選手は実力が拮抗しているので、きっと面白い大会になるでしょう。

毎年、参加枠の基準を変えたり、ルールの変更があったりしましたが、今年も1日で全試合を終了させるという、ワンデイトーナメント方式を初めて採用しました。また、敗者復活枠を設けて、最低でも2試合は参加できるようにしています。

今大会を参考にして、同程度の実力者同士で行うイベントを、これからは増やしていこうと考えています。実力の選定については、これまでのようにキャリアや練習回数ではなく、私が判断して決めます。


(MOK代表 原)
プロフィール

MOK

Author:MOK
元MOKボクシングジム代表。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる