FC2ブログ

放置自転車

昔から対策に苦慮しているのが、ジム入口を塞いでしまう放置自転車。

うちの目の前の新しくできたパチンコ屋の前に、なぜか止められなくなってしまったので、最近は特にひどくなっている。まあ、道の両側に自転車が並んでしまうと、道幅も狭いし、見映えも悪いので、環境的にはいいことなのだが。

でも、上から見てると、うちの前で止めてパチンコ屋に入っていく奴は多いし、ひどいのになると、駅に入っていくのもいる。当然、何時間もそのままなので、下の100円ショップの客も止められないしで、グダグダになってしまう訳だ。

そもそも、ジム入口が100円ショップと近隣の飲食店の裏口と同じなので分かり難いのは確かなんだよなあ。そこを自転車で塞がれてしまうと、出入りの業者も台車で入れなくなるので困ってるみたい。

うちの会員も自転車で来てる人は大変だろうけど、我慢してほしい。
100円ショップの前に止めるのは、同じビルなのでまったく問題ないから、遠慮せず止めちゃってください。

私は長時間滞在しなければならないこともあり、ビル内に置いておかせてもらってるけど、本当は禁止なので、皆様は入れません。

まあ、毎日止めてると近隣の住人の中には快く思わない人もいるようでね。
警察に通報されてしまったので、ビル内に置かせてもらうことになったという訳。


(MOK代表 原)
スポンサーサイト

一番は・・・

最近、頭の中の考えをまとめるときにやっていることがある。

まず、そのテーマについて直感的に浮かんだ単語をどんどん紙に書いていく。
あらかた出尽くしたところで、視覚化されたその単語たちをじっと見つめながら最終的な考え(文章)としてまとめていくという方法だ。

今日は、ボクシングで大事なことというテーマで自分の考えをまとめてみた。

真っ先に浮かんだ単語は練習。
二番目に、ハート(闘志)。
三番目は、頭脳(戦略)だった。

上の三つは即座に浮かんできた。
それから少し考えて、バランス、タイミングという順に能力的なことが浮かんだが、それ以降は無理やりな感じになったのでここで終了。

そして、この五つの単語をじっと眺めて私に見えてきたもの。
それは、コンディション(体調)だった。

やっぱりというべきか・・・
直感からは浮かんでは来なかったけど、その直感を通しての最終的な思いなので、これが自分にとっての真実なのだろうね。

さて、真っ先に浮かんだ、練習という単語。
じゃあ、そもそも練習ってなんだろう?
はい、紙に書きましょう(笑)

という風に面倒なことを考え続ける自分がいいかげん嫌になっている。

結局、シンプルなやつが一番強いんだよ。
ボクシングでも、人生でも。

(MOK代表 原)



まさかの負傷

最近、ミットの受け方を根本的に変えてみた。

なにも考えなくても打ってるだけで、ある程度はボクシングに必要な能力が身につくようなメニューにしているのだが、少しずつ効果が出てるみたい。

ところが、予想以上に自分への負担が大きかったらしい。
単純にいうと今までより受けるパンチ数を倍にしたことで、1日のダメージも倍に。
新しい受け方を試みることで、無理な体勢からパンチを受けることも多くなっていた。

情けないことに、リハーサル中(ミットのシャドーみたいなもの)に肩を痛めてしまった。

思ったほどの重傷にならなかったのはよかったけど、しばらくは重量級やパワーのある選手のパンチは受け止めるのは難しいだろう。

キックボクシングのように、選手同士でミットを持ち合うのもいい練習になるのだが、体の負担を考えると、頻繁にやらせるのは危険だ。

まだ、未熟なうちならいいけど、強打する技術を身につけると、受け手の負担は計り知れない。それに、受け止めるのを失敗するとミットの跳ね返りで、眼球を傷つけることだってある。

やはり、基本的には私だけがミットを持つのがベストだと思うので、早く治さないと。
尚、一日体験コースなどで、初心者のパンチを受けるのはまったく問題ないので安心して来て下さい。

(MOK代表 原)

6月の予定

≪休業日≫
14日(日)、28日(日)

≪休日練習 13~16時≫
7日(日)、21日(日)

(MOK代表 原)

過ぎたるは猶及ばざるが如し

過ぎたるは猶及ばざるが如し。

度が過ぎることは、足りないことと同じくらい良くないということだ。

ただ、闇雲に突き進むだけでは、目を開けたときにとんでもないところに行き着いてしまうことになる。

所詮、1日で得られるものには限りがあって、3倍練習すれば3日分上達するかといえば、残念ながらそれはない。

昔、病院のベッドでそんなことを考えたなあ。
その後の人生でも、何度か繰り返してしまってるけどね。

(MOK代表 原)

とても気分がいい

べつに酒好きでもない私だが、休日練習が終わったあとに飲むビールは美味い。

日が高いうちに練習を終えて、高揚感のなか残りの時間を過ごすのは悪くない。
一日中ダラダラするよりは、健康的で有意義だ。
休みを無駄にしたという罪悪感もないしね。

また、今日くらい、たくさん練習に来てくれると歯ごたえがあっていい。
とてもいい気分だ。

(MOK代表 原)

最低限

忘れがちなことだけど、ボクシングは危険なスポーツという認識は常に持っていないといけないと思う。

うちのジムは、独自のルールで危険負担を極力減らしてはいるけど、過信が大きな事故を起こしてしまうことは往々にしてあるから。

リスクを未然に防ぐには、私が常に認識し、理性的であることしかない。

とは言っても、ボクシングはやっぱりボクシングなんだよね。
やるからには最低限の覚悟はしてもらわないとなあ・・・

昔、サンドバッグ叩いたら、手が赤くなっちゃっうといって辞めてしまった若い男がいたけど、それ聞いたときはさすがに萎えたよ。

これが女子の言葉なら、まあ分からんでもない。
ゴメンね。今度から大きいグローブ使おうかで終わりだ。

でもさ、仮にも一個の漢だろう。
そんな情けないこと言わんでくれ。
そこは我慢して頑張ろうや。

その子と同い歳の頃、血染めのバンデージこそ、漢の勲章と思っていた私からすると、ちょっとしたカルチャーショックだったなあ。

本当に最低限。
覚悟とも呼べないような最低限でいいからさ。

(MOK代表 原)



次のステージへ




新人王戦の敗戦から多くを学んだハマグチ選手とアメミヤ選手。
敗戦のショックなど微塵も感じず、普段と同じように黙々と練習しているのがいい。

うちの選手はスポーツマンらしく清々しい人ばかり。
私なら悔しさでしばらくは冷静ではいられないだろう。
自分の小ささを痛感する。

トーナメントが終わってから、はじめて拳を合わせた両者だが、驚くほど成長している。

アメミヤ選手は、自信を感じさせる落ち着いた戦いぶり。
やっぱり決勝まで勝ち残ったのは当然と思えるような出来だった。

ハマグチ選手は、敗戦後に左の強化を自分のテーマに掲げて取り組んでいるのだが、今日の左アッパーは見事だった。確実にパワーアップしている。

敗戦の経験をバネにして、タフな選手になってほしいと思っていたけど、私の心配など不要だったようだ。新人王はもう過去のもの。お互いに次のステージに進んでいる。

コーヒー増加傾向

昔から考え事が増えてくるのと比例して、コーヒーの消費量も増えてくる。

もう、コーヒーは止めたはずなのに、とっくに解禁してしまっている私。
相変わらず意志が弱い。煙草は吸ってないけど。

そもそも、頭をはっきりさせるために飲むようになったのだが、もう効果があるのかないのかも分からず、一種の儀式のようになっている。

今夏には、ジムとして大きな決断をするつもり。
まだ、コーヒーの量は増えそうだ。

(MOK代表 原)



いろんな意味で伝えきれず

あ!しまった、忘れてた。
高校生は、レギュラー(月謝)のみでコース変更できないんだっけ。

自分で作ったのに・・・
というか、自分の脳内だけでブログにも書いてなかったし。
最近こういう事が多いなあ。

仕方ないから、次に来たときに言うしかないな。
でも、次は分からないのがこの世界。
ちょっと脇が甘かったね。

(MOK代表 原)

ジョー 無冠の帝王 ROUND16 減量のための試合?


<またしても無理な減量に挑むジョー選手>

新たなモチベーションとして、夏に行われるイベント「キングオブMOK」参加を決めたジョー選手。今回も、2ヶ月間で10㎏以上の減量をしなければならない。

やっぱり追いつめられないと痩せられないのかなあ・・・

本格的に練習に入ったジョー選手だが、出足の悪さは相変わらず。
1ヶ月前にコウジ選手と激しい打ち合いを演じた男とは思えない。

夏のイベントが終われば、すぐにタッグトーナメントが待っている。
常に試合を意識して、太ってる暇を無くせば、本当に痩せられるかもしれんね。

ロッキーの伝説 LEGEND15 やれるときにやっておこう


<こちらも世紀の一戦?MOK代表とスパー後のロッキー選手>

パッキャオ対メイウェザーの世紀の一戦を活字のリアルタイム速報で観戦していると、ゴールデンウィークで帰って来たロッキー選手がジムにやってきた。

「俺もこの先どうなるか分からないし、今度はいつやれるかも分からないな」

ボクシング界、世紀の一戦の決着を見届けてから、なんとなく感傷的になってしまい、ロッキーが久しぶりにジムに来たときはできるだけ拳を合わせておきたいと思い、軽くスパーリングに付き合ってもらうことにした。

今年で30歳になるロッキーの今を、43歳の私が拳で受け止める。

スパーリングが終わったあと、滅多に撮らない記念写真なぞ撮ってしまった。

柄じゃないから、ヘッドギアは照れ隠し。


隠れ鉄拳ファン

ジョー選手とは、昔からボクシングのこと以外にも色々な話をしてきた。
おそらく練習している時間より長いんじゃないだろうか。

入会当初、ボクシングは1年間ほどやったら辞めるつもりだったようだが、長いスパンでボクシングを追求するという私の考え方にすっかり洗脳されてしまったらしい(笑)

まあ、それは冗談として、とにかく納得するまで話し合ったことは覚えている。
私はできる限りの疑問に答え、ジョーは自分の答えを見つけ出したのだろう。

ところで、これだけ長い時間、話してきて、今日はじめて知ったのだが、ジョーはスドウ選手のファンらしい。あの強打とキャラクターに魅了されているんだと。

夏の祭典に、スドウ選手が出場するかは微妙だけど、ジョー選手は10㎏減量して優勝を狙っている。対戦が実現したら面白いね。

(MOK代表 原)



プロフィール

MOK

Author:MOK
元MOKボクシングジム代表。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる