FC2ブログ

恐怖の先に見えた!あの必殺パンチ

moblog_690f884d.jpg

クボ選手の鋭い突進に飲み込まれるジョー選手!

体重80キロ超級の選手同士の打撃戦はやっぱり迫力があるなあ・・・

でも、ジョー選手は体重こそ80キロあるものの体格は小柄。

今日のスパーリング相手のクボ選手は、純粋な重量級であるうえに鍛え上げられた筋肉の塊だ。更にテクニックも急速に身につけはじめている。

そんな怖ろしい相手だからこそ最高の練習になると、最近のジョー選手は果敢に挑んでは、圧倒的なパワーの前に吹っ飛ばされていたが、今日は互角かそれ以上の闘いをしてみせた。


moblog_b5b8c2ab.jpg


2ラウンドのスパーリングだったが、非常に内容が濃かったし、お互いに拮抗した打撃戦だったので課題も多く見つかった。

練習後に、いくつかのテクニックと私が気がついた点をアドバイスしたのだが、ジョー選手には、大きなキーポイントになったのではないだろうか。

ジョーの名に恥じぬ、必殺のクロスが完成してくれればいいのだが。




スポンサーサイト

伝説を紡ぐ者たち

「新人王戦で勝つには、テクニックより根性」という名言を残したガッツ。

と言うことは、初戦敗退したスドウは根性なしだのうと、すかさず言葉の暴力を、面と向かって本人に浴びせるMOK代表。

さらに、根性を鍛えるにはジョー選手のような怪物を相手に闘えと強制モードを発動することにした。

獅子が我が子を千尋の谷に落とすが如き深い愛で戦地に送り出す。

moblog_4fb38664.jpg

今日のジョー選手は動きがよくて、かつての豪腕が戻ってきたようだ。

腰を痛めてから、体が一回り小さくなったような感じだったが(なぜか体重は変わらないけど)、背筋にコブが浮き上がり、背中の分厚さが仕上がってきている。

二人とも、まだまだこれから。
破壊的なパンチで、ともに伝説を紡いでいってもらいたいものだ。

8月の予定

≪休業日≫
13日(火)~15日(木)

≪日曜練習≫(13時~15時まで)
4日、11日、18日、25日

≪拳合11≫
11日(日)試合開始15時

拳合11は、8/11の日曜練習中に行いますので、営業時間を16時
まで延長します。
今年の夏季休業日は、13日から15日の3連休となります。その替わ
りに、8月は日曜練習を全て行います。


(MOK代表 原)

鏡に接近しないようお願いします

安全衛生部門担当の、ジョー選手と私からのお願いです。

“シャドーボクシングなどの練習で、鏡に接近しないようにして下さい”

どんなに注意していたとしても、拳が当たってしまうことはありますし、つまずいて転倒する危険もあります。

万が一、鏡が割れてしまった場合、全額弁償してもらわなければならず、業者の説明ではかなりの金額になってしまいます。

これから使用上の注意点を、写真を使って説明いたしますので、確認しておいて下さい。

moblog_38c11f24.jpg

<悪い例>
これではかなり近いです。また、フォームのチェックにも適した距離ではありません。接近し過ぎているので全体像が確認できないからです。
転倒した場合、頭から鏡に激突してしまう危険があります。



moblog_93af2709.jpg

<良い例>
このように最低でも「マット1枚分」は距離をとって下さい。
全体像を瞬時に把握できるので、フォームの向上につながります。

また、この距離であれば、鏡にパンチが当たるかもしれないという心配をせずに、腕を全開に伸ばして全力で打つことができます。
その結果、パンチの最大射程距離が飛躍的に伸びるのです。

危険を回避して、正しい練習をしましょう。


(ジョー&MOK代表)

もっといい景色を

今日は、MOKジムの今後についてなどを、ジョー選手と話した。

はっきりいって、まだまだ自分が思い描いているような状態にはなっていないが、とにかく頑張るしかないよな。

そういう点では、走り出した時と何も変わっていないけど、確実に景色は変わっているはずだ。

私だけでなく、このジムを愛してくれる人たちにとって、もっといい景色を見せられたら・・・

ジョー選手を始めとして、会員たちと話しているとつくづくそう思うのだ。

(MOK代表 原)



ガッツ選手が2冠を達成

昨日の日曜練習が終わった後、ガッツ選手行きつけのデカ盛で有名なお店「スパゲッティーのパンチョ」に、大食い勝負をしにいくことになった。

私とガッツ選手、それに若手のホープであるオキナ選手と一歩選手を加えた4名で、大盛ナポリタンに挑んだが、私は途中でギブアップ!
無難に普通盛にしていたオキナ選手に、残りを食べてもらった。

そんな大盛スパをガッツ選手は、あっさり完食。たくさん食べていたときは、2皿分の量を食べていたらしい。そりゃ練習してても痩せないわい。

一歩選手は、苦しみながらも見事に食べきった。途中経過を見ていて絶対無理だと思っていたのだが根性で完食。やはり侮れんやつだな。

普通盛だったとはいえ、オキナ選手も楽勝で平らげて、帰りにはお菓子を食うわ、焼き鳥を食うわでポテンシャルの高さを見せられた。

それにしても恐るべしはガッツ選手。
あれをハードな練習後に2皿食う内臓の強さを知って、新人王になれたことを改めて納得。

初代新人王に続いて、初代デカ盛チャンピオンに認定することにした。

次回は、大食漢でも武名高きジョー選手との一騎打ちとなるか?




新人王戦のハイライト




ガッツ選手が新人王戦のハイライトを収録したDVDを作ってくれました。

前回、ジムのPV作りを頼んだとはいえ、優勝者にやらせてしまうとは。

すまんなガッツ選手。でも、いいのが出来てうれしいよ。

裏新人王戦結果PART2

<2013年7月18日 裏新人王戦結果PART2>

(3R完全決着拳合ルール)

〇フクダ選手 1ラウンドTKO(3対1) 一歩選手

お互いのタイミングが合ったときだけに行なわれる裏新人王戦。

前回、スドウ選手に敗北したフクダ選手が、今日は一歩選手と対戦。

場外まで飛ばされてKO負けしたショックを力に変えて、弱点を克服してきたフクダ選手が拳合初勝利を上げました。


敗れたとはいえ一歩選手は、以前のような自信なさげな態度は微塵も感じられぬ勇敢なファイトを展開。今回も、体格で倍する相手に1本を奪ってみせた。

負けるということは、それが今の限界だということ。
それが分かれば問題点もおのずと見えてくる。
ようは、そいつがそれを直視しようとするかどうかなんだ。


名解説者への道

moblog_e2a1209d.jpg

予想シリーズでおなじみのゴールデンボーイことオキナ選手。

今日は、ガッツ先輩を相手に久々のマスボクシングを行なった。

高校受験が控えているので、ボクシングの練習日数を少なくして学業に専念しているオキナ受験生だが、どうして動きが抜群によくなっている。

新人王の結果を予想させるために「見る修行」を課したのがよかったのだろう。また一歩、名解説者の道に近づいたようだ。



新人王からグローブを寄付していただきました

moblog_18ff66a5.jpg

新人王ガッツ選手から、パンチンググローブを寄付していただきました。

現在、ガッツ選手はオンスグローブを使用しているので、最初に購入したパンチンググローブを快く譲ってくれた一品です。

会員が増えてきたため、用具の劣化が早いから本当に助かります。
ありがとうチャンピオン。

(MOK代表 原)

理想へ一歩前進

今日は、少しだけ自分が思い描いているようなジムワークができたんじゃないかと思う。

お互いに考察しながら、技術を深めていく方法。

アオヤマトレーナーのサポートで、私のイマジネーションが実現できそうな手応えを感じている。

指導システムが確立してくれば、もっといいジムになると思う。


(MOK代表 原)

裏新人王戦の結果

<2013年7月9日 裏新人王戦結果>

(3R完全決着拳合ルール)

〇スドウ選手 1ラウンドKO(3対1) フクダ選手

新人王トーナメントの初戦敗退者同士で行なわれる「裏新人王戦」がひっそりとはじまりました。企画倒れに終わるかと思われましたが、期間を決めずタイミングが合ったときにやるという気長なスタンスで開幕。

その第1戦は、スドウ選手が重量級のフクダ選手を、場外に叩き出すという衝撃のKO勝ちを決めました。

まるで漫画のように体が浮いて1メートルほど後方に吹き飛ばすというパンチ力は、さすがにスドウ選手でした。

本戦で見れたらよかったのにね(笑)

蒼龍杯授与!そして伝説のチャンピオンに

moblog_ebfda322.jpg

MOK代表から、初代新人王に蒼龍杯が手渡された。

申し訳なさそうに受け取るガッツ選手。
これじゃ私が優勝したみたいじゃないか!

決勝戦は、2ラウンドに絶体絶命のピンチを迎えたが、ボディ攻撃に切替えて主導権を奪い返し、延長の末に逆転で栄冠を手にしたガッツ選手。

ガッツの名に恥じぬ、本番に強い勝負度胸を見せたが、試合前のプレッシャーの大きさに疲れてしまい、日常生活まで支障をきたしてしまうので、今大会をもって拳合からは引退を表明。

なんと、拳合無敗のまま引退という伝説を残した。

これからは、先に引退したジョー選手と共にゆっくりとボクシングを学んでいくことになりそうだ。

初代新人王の栄誉は、ジムの歴史に永久に刻まれることだろう。

おめでとうガッツ選手!
そして、本当にお疲れさまでした。

moblog_bfcf5693.jpg

【ガッツ選手 拳合全戦績】

第1戦 <2012年12月1日 拳合3>

(第一試合 3R 拳合ルール)

〇ガッツ選手 TKO2R オキナ選手

第2戦 <2013年4月21日 拳合7>

(メインイベント 3R 拳合ルール)

〇ガッツ選手 判定(2対1) ダイスケ選手

第3戦 <2013年5月31日 新人王Cブロック代表決定戦>

(3R+延長1R 完全決着拳合ルール)

〇ガッツ選手 1ラウンドTKO アキモト選手

第4戦 <2013年6月21日 新人王西軍代表決定戦>

(3R+延長1R 完全決着拳合ルール)

〇ガッツ選手 3ラウンド判定(3対2) カンノ選手

第5戦 <2013年7月7日 新人王決勝戦>

(3R+延長2R 完全決着拳合ルール)

〇ガッツ選手 4ラウンド判定(3対2) サウスポー選手


MOKボクシングジム初代新人王 ガッツ選手 
5戦全勝(2KO)

MOKジム新人王トーナメント決勝戦結果

<2013年7月7日 新人王決勝戦結果>

(3R+延長2R 完全決着拳合ルール)

〇ガッツ選手 4ラウンド判定(3対2) サウスポー選手

3ヶ月間の闘いのフィナーレを飾るに相応しいファイトでした。
拳合ルール初の延長戦にまでもつれた試合を制したのはガッツ選手。

初代新人王トーナメント優勝は、ガッツ選手に決定いたしました。

このトーナメントに参加してくれた13名の選手たちと、審判や記録などでサポートしてくれた方たちに改めて感謝します。

怪我人もなく無事に終えられたことを安堵しつつ、今大会の反省点を検証して、次に活かしたいと思います。

最後に、出場してくれた選手たちに聞きたいことがあります。
今大会を経験してどのような感想を抱いたか、今度ジムに来た時に聞かせて下さい。


本当にお疲れ様でした。素晴らしいファイトをありがとう。
木鷄ボクシングジム代表 原 尚斗

MOKジム新人王決勝戦予想

明日は、いよいよ新人王トーナメント決勝戦。

予想シリーズでお馴染みのオキナ選手は、世話になってきたガッツ選手を裏切って、なんとサウスポー選手の優勝を予想。


MOK代表: 優しいガッツ先輩を裏切って、寝返りおったな小僧!

オキナ選手: アマノ選手が負けてしまったので、もう外す訳にはいかんのですよ。

MOK代表: お前、小さいくせにシビアな奴だなあ。

オキナ選手: 僕だってガッツ選手には頑張ってもらいたいですよ。でも、ガッツ選手は優しいところがあるので、サウスポー選手が、あの気迫でラッシュしてきたとき、強い態度で応戦してくれるかどうか・・・

MOK代表: なるほどな、お前の心配はもっともだが、あいつだって強豪たちに打ち勝って決勝まで残った選手なんだぜ。それに、今回の試合のためにやれることは全てやったと思うよ。

オキナ選手: そういえば代表は、このトーナメントが始まる前の予想で、サウスポー選手が優勝するだろうといっていましたね。スドウ選手は建前で(笑)

MOK代表: はっはっは、そうだったな。その時点での戦力を比較したらということだったけど、決勝まで来たなあ。

オキナ選手: さすが、代表ですね!

MOK代表: その歳でヨイショは覚えんでいい。正直いってスドウもガッツも優勝は無理かなと思っていたけど、ガッツは立派に勝ち残り、負け犬スドウくんも、ルールを見直す切欠を作るインパクトを残してくれたな。

オキナ選手: 代表は、明日の試合はどちらが勝つと思いますか?

MOK代表: 俺はガッツ選手に。試合の動きだけで、サウスポー選手の練習を見ていないのでね。どこまでコンディションを上げてくるかだが、ガッツには俺の秘策も授けているのでね。

オキナ選手: ガッツ選手!明日はとにかく思いっきり行って下さい。

MOK代表: でも、予想はサウスポーなんだろ(笑)

本当の根性と本当の勇気

moblog_0588be82.jpg

新人王決勝に出場するガッツ選手。

この一週間は、軽めの練習で調整。
特別なことはせず、基本的なことを黙々と練習していた。

熟練のプロ選手のような調整方法に、私は彼の芯の強さを感じる。

本当の根性を持った選手という意味で、ガッツというニックネームをつけたが、その名に恥じぬ活躍で決勝まで勝ち上がってきた。

対戦相手は、私がロッキー選手に比肩すると認めた、本当の勇気を持つサウスポー選手。

根性と勇気の闘いは、決勝に相応しいカードだろう。

いろいろ傷んできた

moblog_a48a6bdf.jpg

暑さでグローブがへタレてきた。

この時期は、用具が傷みやすくて困る。

昔に比べてオンスグローブの使用頻度も多くなってきたから、劣化が早いということもある。

なんとかせねば。




人のチカラ

moblog_d3ba5310.jpg

アオヤマ選手が、トレーナーとして指導をサポートしてくれるようになり、MOKジムの練習のクオリティが向上している。上の写真は、ノーガードで避ける練習をさせて、体の使い方を身につけさせるというものだ。

私に足りない部分をアオヤマ選手にカバーしてもらったり、練習のアイデアについて、とてもいい提案をしてくれるので、今後は更にレベルの高い練習を提供できると思う。

三人寄れば文殊の知恵というが、これまで自分なりに奮闘してきたけれど、一人では打ち破れなかった壁を突き破れるのではないか。

もっともっと頑張らねば。



ようやく着手

ジョー選手が手伝ってくれるようになり、時間が少しとれるようになったので、今まで出来なかったブログの改変を、急ピッチで進めている。

この数ヶ月は、新人王トーナメントのことで忙しかったこともあり、かなり体力を消耗してしまっていたので、本当に助かる。

でも、毎日の更新のほうを休むことが多くなっているのはご容赦下さい。
連日、夜遅いので、そろそろギブアップ。
今日は、これで帰ります。


(MOK代表 原)
プロフィール

MOK

Author:MOK
元MOKボクシングジム代表。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる