FC2ブログ

Cブロック代表決定戦結果

<2013年5月31日 新人王Cブロック代表決定戦結果>

(3R+延長1R 完全決着拳合ルール)

〇ガッツ選手 1ラウンドTKO アキモト選手

2本先取のアドバンテージを拒否して、互角の勝負を望んだガッツ選手。
その気風の良さに、このようなペナルティを課そうとした私は恥ずかしくなりました。そんな清々しいライバル対決は、ガッツ選手が圧倒的な強さで1ラウンドTKO勝ち。優勝候補の実力を証明しました。

緊張からか動きが硬かったアキモト選手の隙をついて、短期決戦で勝負を決めたガッツ選手。2ラウンドに逃げられたら展開も変わっていたと思います。拳合ルールのおもしろいところですね。

とにかく、これでCブロック代表はガッツ選手に決定。
次戦は、いよいよ準決勝。西軍代表選手権に進出します。

スポンサーサイト



長期欠場中

先日、体調を崩してからというもの病院通いが続いているMOK代表。

今日も、血液検査の数値が異常に悪いことを聞かされ、ブルーな気持ちで病院から出ると、前方から私よりも暗い顔をしてトボトボと歩いてくるマスク姿の男。

なんという偶然、あれはジョー選手ではないか。




最近、すっかりブログに登場しなくなったジョー選手だが、じつは歩くことも厳しいほど、持病の腰痛が悪化してしまい、ずっと休んでいるのだ。

つまり新人王戦の発起人が、開幕から不在という状況なのである。

体が弱い者同士、しばし近況を語り合ったのだが、残念ながらジョー選手は6月の参戦も無理そうだ。人気者のジョー選手がいないとジムもなんとなく活気がないので、早期の復活が待たれる。

ジョー選手もボクシングができないことでストレスがたまっているようだ。

だが、ここは我慢が大事だろう。
とにかく安静にして、しばらくは無理しないことだ。


スドウ選手をリザーブ選手に指名

先日のAブロック予選は、コン選手が見事な逆転勝ちを決めました。

敗れたスドウ選手も、強烈なパンチでKO勝ちに等しい1本を奪いましたが、その判定について幾人かの選手に意見を求めたところ、全員一致でストップしたほうがいいという答えでした。

まだ拳合ルールが定まっていないときに、想定外の破壊力を見せたスドウ選手にとっては、幻のKOということになってしまった訳です。

もちろん、そのような深いダメージを負いながら、逆転勝ちしたコン選手の勝利の栄光は変わることはありません。そのメンタリティの高さは勝者に相応しいものです。

ただ、スドウ選手にも幻のKOに免じてチャンスを与えることにしました。
彼には、リザーブ選手になってもらうことにします。

というのは、ブロック代表決定戦に進出したコン選手とカンノ選手が多忙のため、試合の日程が組めないという可能性が強くなってきたのです。

とくにカンノ選手は、もともと出場する意志はなかったのですが、私とジョー選手とで、かなり食い下がって、タイミングが合えばという条件つきで出てもらいました。

そのような経緯もあり、また決勝が7月ということで日程が詰まってきたことも考えると、緊急時の代役が必要になってきたのです。

敗者復活戦を行なうことも考えましたが、日程的に難しいので、今回は私の権限によりスドウ選手に任せることにします。

それとは別に、予選敗退者による「裏新人王戦」の開催が決定しているので、その詳細は後日。


(MOK代表 原)

Cブロック代表決定戦は5/31(金)に延期

本日、行なわれる予定だったCブロック代表決定戦は延期となりました。

アキモト選手のキャンセルにより、5/31(金)に変更します。
ペナルティとして対戦相手のガッツ選手が2本先取した状態でのスタートとなります。

厳しいペナルティですが、本来なら試合当日に来れなかった場合、棄権ということで相手選手の不戦勝なのですから、これは仕方ないことでしょう。

今回、このような措置をとりましたが、今後は皆様の意見を聞きながら試合に関する統一ルールを、決めていくのでご協力よろしくお願いします。


(MOK代表 原)


6月の予定

<休業日>
9日(日)、23日(日)

<日曜練習>(13時~15時まで)
2日、16日、 30日

<拳合9>
4日(火)


(MOK代表 原)

Aブロック予選結果

<2013年5月28日 新人王Aブロック予選結果>

(3R+延長1R 完全決着拳合ルール)

〇コン選手 3ラウンド判定(3対2) スドウ選手

スドウ選手の強打の雨に耐え抜いたコン選手が大逆転勝利!
私とオキナ選手の予想を覆す番狂わせを起こしてみせました。

堅実なブロックを最後まで崩さず闘ったことが勝因でしょう。いかにスドウ選手のパンチに破壊力があるとはいえ、この拳合ルールではブロックの上からのパンチはポイントにならないのです。耐え切って少ないチャンスをつかんでの勝利でした。

ただし、私としても今回の試合は勉強になりました。
3ラウンドにスドウ選手の強烈な右ストレートが決まり、コン選手がダウンに等しいダメージを負ったのですが、その時点で止めるという判断でもよかったのではないかと、試合終了後に思ったのです。
結果でいうと、私はファイト続行させ、コン選手が逆転勝ちしたのですが、安全を考えると今後に課題を残しました。

さて、明日はCブロック代表決定戦。ガッツvsアキモトは、19~20時あたりに、両者の準備が整い次第、開始します。


Dブロック予選Ⅱ結果

<2013年5月25日 新人王Dブロック予選結果>

(3R+延長1R 完全決着拳合ルール)

〇カラテカ選手 3ラウンド判定(2対1) 一歩選手

前評判どおりに、カラテカ選手が判定勝ちを決めましたが、一歩選手も大善戦してくれました。

3ラウンドの時点で1対1の互角。初の延長戦になるかという展開でした。ラスト40秒のところで、スイッチヒッターのカラテカ選手が、サウスポースタイルからの豪快な左フックを振り抜いて、文句なしの1本。そのまま終了のゴングとなりました。

さあ、これでDブロック予選2試合の決着がつきました。
Dブロック代表決定戦に進出したのは、カンノ選手とカラテカ選手。
ともに空手出身の選手同士による対決という楽しみな好カード。

はたしてDブロックは、どちらが制するのか?


動き出すシードたち

病に倒れ、急停車したMOK代表だが、新人王戦は止まらない。

明日には、一歩選手とカラテカ選手の試合があるのだ。

それにシード選手たちも、本格的にエンジンが掛かってきたようだ。

moblog_c7d833a6.jpg

Cブロック代表を賭けて、5/29にアキモト選手と闘うガッツ選手。
どうやら、ファイター養成所のヤマ塾に入って修行しているようだ。
自分なりの課題があるようだが、考え過ぎて深みに嵌るなよ。


moblog_7962a884.jpg

すべての完成度が高く仕上がっているアマノ選手。
MOK代表から見て、今の段階では出場選手中、1番の仕上がりだ。
Aブロックは、揺らがないかな。

さて、具合が悪いと言ってられないな。
自分も頑張らないと!



ご心配をおかけしました

昨日は、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

しばらくは、以前のように体を動かすことができませんが、なんとか営業していきたいと思います。

このようなジムですが、私なりに不退転の覚悟で頑張っていきますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。



(MOK代表 原)

急病のため本日はお休みとなります。

MOK代表が急病のため、本日の練習は臨時休業となります。

突然のことで大変申し訳ありません。


(MOK代表 原)

Cブロック予選結果

<2013年5月22日 新人王Cブロック予選結果>

(3R+延長1R 完全決着拳合ルール)

〇アキモト選手 1ラウンドTKO  フクダ選手

1ラウンド2分でアキモト選手が3本とってのTKO勝利。結果だけ見れば一方的な内容ですが、フクダ選手も得意の左フックで1本を奪いました。

オープニングの動きでは、最後までもつれるかもしれないと思いましたが、ファイタータイプのフクダ選手が短期決戦を仕掛けたため、早い決着となりました。

「もっと練習します!何度でも挑戦します」
フクダ選手は、本当に悔しそうだった。あと数センチ届いていれば・・・
その距離を埋めるには練習しかないのです。

さて、Cブロック予選はアキモト選手が勝ち上がり、宿命のライバルであるガッツ選手と対戦することになりました。今日の試合を、ガッツ選手が見届けていたので、すぐに試合の日程を組むことができました。

ガッツvsアキモト戦は、来週水曜の5/29に決定!
いよいよCブロック代表が決まります。

決勝で会いましょう




いよいよ明日、Cブロックの予選の決着がつく。
シードのガッツ選手の対戦相手が決まるわけだ。

今日の練習試合でも、スドウ選手相手に3対2で競り勝ったガッツ選手。
途中、劣勢となったが見事な逆転勝ちを決めてみせた。

敗れはしたがスドウ選手も、前回の練習で課題だったところが改善していたので拮抗した素晴らしい内容だった。

本番では、お互いに決勝に進出しなければぶつかることはない2人。

決勝の舞台での再戦を実現することはできるのか?

特別な存在

moblog_c4a23b3d.jpg

現在、ジムに来ている会員の中では最古参の選手となったオオデ選手。

その1年ほど後に入会したスドウ選手は、MOKジム第2世代。
いわゆる「ロッキー世代」の選手である。

そんなベテラン2人が新人王戦に参加というのもおかしな話だが、MOKジムでは練習への出席数をカウントしていて、今回、その数が参加基準となっているからなのだ。

つまり、この2人は本当にゆっくりと長いスパンで続けてくれている。
それだけに、このMOK代表にとって、かけがえのない特別な存在だ。

オオデ選手は、数少ない友人の一人であるし、スドウ選手は、出来の悪い息子のようにどうにも気がかりな選手で、いつも厳しくしてしまう。

トーナメントがすべてじゃないけど、頑張ってもらいたいものだ。


新人王開幕戦結果

<2013年5月19日 新人王Dブロック予選結果>

(3R+延長1R 完全決着拳合ルール)

〇カンノ選手 2ラウンドTKO  マサ選手 

結果は、2Rで3本とったカンノ選手のTKO勝ちでしたが、マサ選手の果敢な攻撃は、見る者を魅了する迫力がありました。

マサ選手はボクシングの燃えるような闘争心と破壊力を、カンノ選手は冷静さとテクニックを証明してみせてくれました。

両雄の闘いは、MOKジムがこれまでやってきたことを体現するようなファイトでした。開幕戦が素晴らしい試合となり、私は今ほっとしています。

さあ、これでカンノ選手はDブロック代表決定戦に進出し、25(土)に予定されているカラテカvs一歩の勝者と闘うことになりました。この調子で優勝目指して頑張ってほしいと思います。

明日は、新人王開幕戦!

moblog_72f3709a.jpg

明日から、MOK新人王トーナメントが開幕する。

記念すべき初戦は、マサ選手vsカンノ選手。

マサ選手は、後輩のカミオカ選手と実戦中心の特訓を行い、練習の締めには、MOK代表と2ラウンドのスパーを消化した。

普通、明日試合だというのにそんなことはしないのだが、そこは心意気。
本人が満足するまでやることのほうが大事なのだ。

マサ選手が帰ったあと、カンノ選手が入れ替わりでジム入り。
ホリ選手とマスボクシング。そしてミット打ちできっちりと仕上げた。

「博打はしない。相手をさばいたら勝ち、できなければ負け」

カンノ選手は試合への決意を、そんなふうにシンプルに考えていた。
私はその言葉を聞いたとき、とても爽やかな気持ちになった。

MOKジムらしい、明日はいい試合になるだろう。



予選ラウンド全日程のお知らせ

<予選ラウンド全日程>

5/19(日)14:00  マサ選手vsカンノ選手(Dブロック)

5/22(水)21:00  アキモト選手vsフクダ選手(Cブロック)   

5/25(土)19:00  カラテカ選手vs一歩選手(Dブロック)

5/28(火)20:00  コン選手vsスドウ選手(Aブロック)

6/4(火)19:00   コウスケ選手vsオオデ選手(Bブロック)

改めて、新人王予選の全日程を書いておきます。

スケジュールが合わずに不戦勝という形も何戦かはあるだろうと思っていましたが、とりあえず全員参加という運びとなりました。

開始時間帯についてですが、以前にお知らせした定刻という形では分かりにくいので、上記の時間ぐらいに集まるということにしました。

お互いにウォーミングアップの時間もあるし、ジャッジ役に2名の会員の助けも必要となるので、目安となる時間と考えていただければと思います。

Dブロック予想

Dブロックは、予選が2試合。
まずは、19日に予定されているカンノvsマサ戦の予想からいきましょう。

では、MOK代表に目利きの訓練をうけているオキナ選手お願いします。


オキナ選手: 代表、Dブロック本命はカンノ選手で決まりですよね。

MOK代表: 全体的なバランスから見て、もっとも戦力が高いのはカンノだからなあ。でもマサ師匠の1発に俺は期待したいね。

オキナ選手: マサ選手の構え(ガード)を見ると、まだボクシングに慣れていない感じがするので難しいと思います。カンノ選手の高いガードとフットワークには対抗できないのではないでしょうか。

MOK代表: 柔術出身の師匠が、まだ立ち技のボクシングに不慣れなのは仕方ないよ。カンノは、ボクシング歴も長いし、伝統空手出身だから立ち技では有利。でも、最近の師匠の動きは格段によくなってるから、打ち終わりにしっかりブロックしていればチャンスは必ず来ると思う。

オキナ選手: 総合力のカンノ選手が勝つか、パワーのマサ選手が勝つかという楽しみな一戦ですね。

MOK代表: そして、もう1試合のカラテカvs一歩だが、こちらもネーミングどおり空手出身の選手の登場ということになった。

オキナ選手: 以前、練習試合で両者は対戦していますが、カラテカ選手の一方的勝利でした。あの結果を見てしまうと、一歩選手は負けると思います。

MOK代表: 偶然にも一歩にとってはリベンジマッチということになった。あれから一歩も練習して、まさに一歩ずつ着実に強くなっているぜ。

オキナ選手: もちろんそれは認めますが、現時点の動きを見ても、カラテカ選手有利は動きません。

MOK代表: お前、Dブロックは2試合とも最初から予想に迷いがなかったな。

オキナ選手: はい。カンノ選手とカラテカ選手が勝ち上がり、そしてカンノ選手がDブロックを制することになるでしょう。

MOK代表: 予想にブレがなく一貫しているのはいいね。俺は、不利だと思われるほうに肩入れしてしまうので、一歩に一票を投じよう。

でも、それだけの実力はあるよ。ただ、自分の力を信じきれていないから動きに迷いが出てしまう。試合まで残りわずかだが、練習でその迷いを消し去るしかないね。

さて、すっかり遅くなってしまったので、一歩だけでなく参加するすべての選手の努力と健闘に期待して、いったん予想シリーズを締めようか。

オキナ選手: はい、僕の予想はともかく楽しみです。頑張って下さい!


Cブロック予想

コウスケ選手とオオデ選手の試合の日程を、臨時休業日に指定してしまったMOK代表。

そのトラブルもあり、予想シリーズの更新が遅れてしまいましたが、今日は、残るCブロックを、そして明日は、Dブロックの予想を更新します。


MOK代表: 俺のミスでいろいろ迷惑かけてしまったが、気を取り直して続きを予想しようか。

オキナ選手: はい、マサ選手とカンノ選手の試合も近いですしね。

MOK代表: それじゃあ早速Cブロックだけど、ようやく昨日、フクダくんが練習に来たので、アキモトとの試合が実現することになったよ。

オキナ選手: 僕は、フクダ選手を知らないので予想のしようがないですが、代表はどちらが勝つと思いますか?

MOK代表: やはりアキモトだな。打ち合っても強く、離れても闘えるというボクシングの幅の差でね。フクダ選手のようなファイター型の選手は、ガッツのように守備を第一に考えるタイプじゃないと拳合ルールでは難しいと思う。だが、体格で勝るフクダくんが、負けることを恐れず突進してきたら、アキモトも油断ならないだろう。


オキナ選手: でも、どちらが勝ったとしても、シードのガッツ選手と対戦したら、僕は勝つのはガッツ選手だと思います!今のガッツ選手は、昔と動きが違いますから。

MOK代表: お!優しいガッツトレーナーに弟子の1票かい(笑)
それにしてもガッツを優勝候補に挙げる人が多いな。練習熱心で優しい人柄は、ロッキー2世といっていいだろう。初代ロッキーは、ハリケーンのように新風を巻き起こしたが、ガッツにもこの新人王トーナメントで台風の目になってほしいな。




コウスケvsオオデ戦は、拳合9で行ないます。

コウスケ選手とオオデ選手の試合は、6/4(火)に変更となりました。
そして同日を拳合第9回大会とすることにしました。

ブロック代表決定戦も、可能であれば6/4に行いたいと思います。

今回は、私のミスで混乱させてしまい申し訳ありませんでした。

(MOK代表 原)



新人王日程の誤りについてのお詫び

前回の、新人王トーナメントに関する重要なお知らせの中で、コウスケ選手とオオデ選手の日程を5/27(月)と決定してしまいましたが、その日は臨時休業日であることを、私が完全に忘れていました。

再度、日程を調整しますが、まだコウスケ選手と連絡がとれていません。このブログを見ていたらジムに連絡して下さい。

自分で決めた休業日を忘れてしまうとは、なんとも恥ずかしい話です。
オオデ選手とコウスケ選手には、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

(MOK代表 原)

新人王トーナメントに関する重要なお知らせ

新人王トーナメント予選ラウンドは、コン選手とフクダ選手の日程の確認がとれないため、あと2試合が決まっていません。

5/18(土)までに、なんらかの確認がとれなかった場合、トーナメントの円滑な進行を優先させるため、対戦相手のスドウ選手と、アキモト選手の不戦勝とさせていただきます。

下記に、現在決まっている試合の日程を発表しておきます。

定刻というのは、この時間までに参加する選手が現れなかった場合、失格となる時間のことですのでご注意下さい。

もし、両者ともに失格となってしまったら、敗者復活戦を行うなどの特別な措置をとります。


<予選ラウンド日程>

5/19(日) 定刻15時まで マサ選手vsカンノ選手   

5/25(土) 定刻20時まで カラテカ選手vs一歩選手  



優勝カップが届いた!

moblog_859d62a5.jpg

新人王トーナメントの優勝カップが無事届きました。

この青いカップの銘は、蒼龍杯。

これから毎年、春に新人戦をやることにしたので、春という季節を象徴する蒼龍が天へ駆け昇る姿をイメージして名付けました。

moblog_d98665cd.jpg

そして、この赤いカップは夏に予定されているタッグトーナメントのもの。

その銘は、朱雀杯。

朱雀は、夏を象徴することと、このカップのデザインがタッグのイメージを連想させたので、そう名付けました。

新人王戦は、最終的に13名の戦士が集まったけど、タッグ戦はいったい何チームで行なえるのでしょうか。今から心配です。

moblog_09c6a7ef.jpg

この優勝カップ。勝者に差し上げてもよかったけど、意外とこういうものってもらっても困るかなと思い、持ち回りの優勝カップにしました。

上の写真のようなペナントと呼ばれる旗に、勝者の名前を書いて結びつけておくという形にしました。

MOKジムの歴史とともに受け継がれていくものとなります。

Bブロック予想

続きまして、Bブロック。
シードには、あの強豪選手が控えている死のグループ。

さあ、予選ラウンド第2試合(コウスケvsオオデ)をオキナ選手とMOK代表はどう見るのでしょうか。


MOK代表: じつは俺が予選の中で一番注目している対戦なんだよ。
オオデはMOKジムで一番の古参選手なんだけど、何年もかけてマイペースに続けてきたから、今回の新人王戦の規定である練習回数200回以内に、なんと199回というギリギリのラインで該当していたんだ。 

オキナ選手: それは、すごいですね!

MOK代表: これは、神様が出ろといってるのかと思ってね。
そんなオオデ選手がコウスケという新鋭を迎え撃つわけだ。

オキナ選手: この試合も難しいですけど、僕の予想ではオオデ選手が勝つと思います。コウスケ選手は、得意の左フックを打つときに体が開いてしまうので、オオデ選手のパンチが先に当たるんじゃないかと。

MOK代表: 最大の武器が、致命的な弱点にもなりえるということは、ボクシングではよくあることだからな。お前も少しは目が肥えてきたかな。
その調子で、早く審判に転向してくれよな(笑)

オキナ選手: ・・・(無視)


MOK代表: コウスケ選手は、致命的な弱点になるとしても、左フックを捨てないことだね。断固たる決意をもって打つことが大切だ。
自信なく中途半端なパンチでは、ただの弱点だけが残ってしまう。
自分を信じ、試合のときは練習を思い出すこと。

オオデ選手は、相手の勢いに呑まれなければ、経験とボクシングの幅で有利だと思う。得意の右ストレートが、キーポイントになる。

2人ともハードパンチャーだけど防御が甘いから、最終的に激しい打ち合いになるんじゃないかと思うんだ。だから一番楽しみにしてるんだよ。

オキナ選手: では、打ち合いの末に最後に勝つのは?

MOK代表: 正直いうと、現段階ではまったくの五分。どちらか決めるならオオデ選手だな。でも、すべては練習次第だと思う。

オキナ選手: Bブロックのシード選手は、拳合でアマノ選手をKOしたサウスポー選手ですね。これは、どちらが勝ち上がっても決まりですか?

MOK代表: うむ、残念だけどサウスポー選手の絶対有利は動かない。
敬意を表していうが、彼こそ真の勇気をもった選手だ。
その点では、ロッキーに比肩すると思う。

オキナ選手: それほどですか!

MOK代表: 長い付き合いだからね。
ただ、怪我の後遺症だけが心配なんだ。本当に大丈夫なのかな・・・



Aブロック予想

今日は、いつもと趣向を変え、MOKジム新人王トーナメントの勝敗の行方を、私とオキナ選手が予想して楽しんでみようと思います。

まずはAブロックからいきます。

MOK代表: さて、予想大好きオキナ選手。
早速だけど、Aブロック第1試合(コンvsスドウ戦)はどう見る?

オキナ選手: 難しいけど、僕はスドウ選手だと思います。やはりスドウ選手には1発がありますから。

MOK代表: なるほど、確かに単純な戦力差で見ればスドウだろう。

オキナ選手: それに練習量でも、スドウ選手のほうがコン選手に比べると多いです。

MOK代表: お!オキナ選手から練習についてのコメントが聞けるとはね(笑)

オキナ選手: 代表、ブログ上でそれはいうのは勘弁して下さい!

MOK代表: フッフッフ。まあ、冗談はさておき。
でも、コンくんが徹底してアウトボクシングしてきたら分からないな。
ボクシングには相性というものがある。スドウは、ロッキーやガッツのようなファイターには強いけど、追い足がないからアウトボクサーは苦手だ。コンくんが身長差とロングリーチを最大限に活かせば・・・

オキナ選手: 代表はコン選手が勝つと?

MOK代表: ん?まあスドウには絶対優勝命令を出しているから、表向きはスドウくんにしとこう!

オキナ選手: (あっ逃げたな)

MOK代表: じゃあ、どっちかがシード選手のアマノくんと闘う訳だけど、お前はAブロックは誰が勝ち上がると思う?

オキナ選手: (間髪入れずに)アマノ選手!!

MOK代表: お前、よっぽど怖かったんだな(笑)
でも、普通はそう考えると思うよ。練習が全てという考えからいえば、ガッツとアマノくんに比肩する選手はいないからね。

だが!ボクシングはやってみないと分からないというのも真実。

勝って当たり前という立場は経験あるけど難しいもんだよ。それにアマノくんの場合、オーバーワークの心配もある。逆をいえばそれだけかな。

オキナ選手: では、代表もアマノ選手に?

MOK代表: いや、だから表向きスドウくんだっていってるだろ。
眠れる大砲の大爆発に期待してるよ!




いい大会になりますように

いよいよ今月からMOKジム初の新人王トーナメントが始まった。

選手同士の都合もあるので、まだ1試合も行なわれていないけど、こちらの準備も忙しくて整っていなかったからよかったかな。

現在、確定している日程は、マサ選手vsカンノ選手のみ(5/19)

予選ラウンドに出場する選手たちに確認して試合の日程を調整しているけど、どうも月の後半に集中しそうだ。

それと、新人王トーナメントの為に頼んでおいた優勝カップが10日に届く予定ですので、お楽しみに。

あともう一つ、セリザワ選手よ!今回は申し訳なかった。
試合は月一でやってるので、そちらに出てくれればうれしいよ。
夏には、タッグトーナメントをやるから、アキモトと組んで出てみないか?


(MOK代表 原)



拳合8結果

<2013年5月3日 拳合8結果>

(メインイベント 3R 拳合ルール)

〇ダイスケ選手 判定(2対0) カンノ選手

拳合連続出場記録を、またも更新したダイスケ選手が、新人王戦に出場しているカンノ選手と対戦。

最終ラウンドまでは、互いに隙をつくらず膠着した展開でしたが、最後まで崩れなかったダイスケ選手が、ラスト30秒で2本を奪い判定勝ち。拳合を象徴するかのような勝負でした。

敗れはしましたが、防御力の高さを証明したカンノ選手。
彼には拳合スタイルがマッチしていると改めて思いました。

気がつけば拳合8

新人王戦のことで気をとられていて忘れていたが、明日は拳合8だった。

5月の予定で、ひっそりと載せていただけだったので、おそらく誰も知らないのではないだろうか。

ダイスケ選手の連続出場記録も途絶えてしまうかな?

一応、夜9時スタートということにしているけど、時間帯はあまりこだわらず、普段の練習のときのように、タイミングが合えば拳合ルールで勝負するというのもいいかと考えている。

そもそも拳合は、練習の一環としてボクシングのレベルアップに繋がればという考えで作ったのだが、どうも特別な感じが出てしまっているので。

(MOK代表 原)
プロフィール

MOK

Author:MOK
元MOKボクシングジム代表。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる