FC2ブログ

拳合新人王トーナメント組合せ発表

抽選の結果を発表する前に、お伝えします。
本日、受付最終日に、アキモト選手が電撃参戦することになり、出場選手が13名となりました。

それでは、拳合新人王トーナメントの組み合わせを発表します。
トーナメント表を作成できれば早いのですが、私にそんな能力はないので文章での説明となります。


まず13名の戦士をA~Dのブロックに分けました。

Aブロック3名(シード権 アマノ選手)
Bブロック3名(シード権 サウスポー選手)
Cブロック3名(シード権 ガッツ選手)
Dブロック4名

A~Cブロックには、シード権を設け、実力、実績、練習量を考慮して私が選出した上記の3名が各ブロックに入ります。他の2名で予選を行い、その勝者がシード権を持つ選手とブロックの代表をかけて闘います。

Dブロックは、4名で予選とブロック代表を争うという形になります。

そうして各ブロックの代表が決まったら、AとB、CとDのブロック代表同士で準決勝を行い、その勝者が決勝を闘う名誉を得るという訳です。

さあ、それではジョー選手とオキナ選手の立ち会いのもと、行なわれた抽選の結果を発表します!


<拳合新人王トーナメント予選ラウンド組み合わせ>

Aブロック予選 第1試合 コン選手vsスドウ選手

Bブロック予選 第2試合 コウスケ選手vsオオデ選手

Cブロック予選 第3試合 アキモト選手vsフクダ選手

Dブロック予選 第4試合 マサ選手vsカンノ選手

Dブロック予選 第5試合 カラテカ選手vs一歩選手


<ブロック代表決定戦>

Aブロック アマノ選手vs第1試合の勝者

Bブロック サウスポー選手vs第2試合の勝者

Cブロック ガッツ選手vs第3試合の勝者

Dブロック 第4試合の勝者vs第5試合の勝者


<準決勝 東西新人王決定戦>

東軍代表 Aブロックの勝者vsBブロックの勝者

西軍代表 Cブロックの勝者vsDブロックの勝者


≪MOKジム初代新人王決勝戦≫

東軍代表vs西軍代表



スポンサーサイト

伝わるもの

今日の自分は、コンディションを崩して最悪のパフォーマンス。

アオヤマ選手がサポートに入ってくれたので本当に助かった。

彼には、一歩選手の指導をお願いしたのだが、今日の練習を見ていると、すごくフィットしている感じがした。今後、アオヤマ選手に一歩選手を預けてみてもおもしろいと直感で思った。

アオヤマ選手もアマノ選手と同じように、一歩のことを「彼は強くなる」といっている。見た目は不器用でも、一生懸命さというのは伝わるのだ。


(MOK代表 原)

プリントボクシング

moblog_afa9ab58.jpg

アマノ選手に不甲斐ない負け方をしてしまったオキナ選手。

実力や体格がどうというより、メンタリティの弱さが目立っていたので、危険な実戦練習は禁止にして、ひたすら基礎練習を積ませている。

私が考えた練習メニューを、中学生らしくプリントで渡すことにしたのだ。
最近は、そのメニューに自分でランニングを加えていて、練習の途中にジムを抜け出して走りにいく。

その自主性を認めて、実戦練習は、やらせるつもりはなかったが、オンスグローブを使ったディフェンス練習ぐらいは許してやることにした。



左の怪物継承!




新人王トーナメントに出場するコウスケ選手は、左フックに一撃必殺のパワーがあるものの、パンチの精度がまだまだ低いので命中率が悪い。

そんなコウスケ選手のために、必殺の左フックを体を張って伝授するジョー選手。ブロックの上から何発も打たせて、自然にバランスとタイミングを覚えさせていくのだ。


MOK代表に優勝か死かの絶対命令をうけているスドウ選手との練習試合では負けてしまったコウスケ選手。

だが、豪快な左フックでスドウ選手から1本とったのは大きい。

さらに左フックに磨きをかけて、左手だけで相手を倒せるような選手になってほしいものだ。私の中でもイメージが出来つつある。



5月の予定

<休業日>

12日(日)、26日(日)、27日(月)

<日曜練習日>(13~15時まで)

5日、19日

<拳合>(夜9時開始)

3日(金) 

ゴールデンウィークも休まず営業します。
祝日の営業時間も、普段と同じで18時30分から23時までとなりますのでお間違いなく。


(MOK代表 原)

遂に12人の戦士が集結!

新人王戦に、MOK代表の柔術の師匠であるマサ選手が参戦を表明。

遂に12人もの選手が新人王の座を争うトーナメントとなりました。

4月30日に、トーナメントの組み合わせを発表。5月1日から普段の練習時間帯と拳合大会を使って予選を勝ち抜き、7月の拳合第10回大会にて決勝戦を行う予定です。

さらに今夏には、初代タッグ王者を決定するトーナメントも企画していますのでお楽しみに。

こちらは一部のモンスタークラスの選手以外は、誰でも参加できます。


(MOK代表 原)

拳合7結果

<2013年4月21日 拳合7結果>

(メインイベント 3R 拳合ルール)

〇ガッツ選手 判定(2対1) ダイスケ選手

なんとガッツ選手がダイスケ選手に大金星。
ベテラン選手を倒したことで、5月から始まる新人王戦に出場するガッツ選手は、優勝候補の一角であるということを改めて証明してみせました。

これで更におもしろくなってきた新人王トーナメント。
はたして誰がMOKジム初の栄冠を手にするのか?

鶴川の女性限定ネイルサロン ミーカ マーレ

☆MOKリンク集に、mica male(ミーカ マーレ)を追加しました。

小田急線鶴川駅 徒歩5分。完全予約制の女性限定ネイルサロン。

MOKジム名誉会員であり、MOK代表の朋友でもある一番弟子選手の奥様が経営されているプライベートネイルサロンです。

一番弟子選手は、私がはじめてボクシングを一から教えた最初の人。
その時の経験が大きな自信となって、MOKジム設立へと繋がりました。

これからも公私共に何らかの形でサポートしあっていけたらと思います。




今でしょ!

今週は、昼のバイトの過労により体調が優れなかったのだが、なんとか1週間を終えることができた。

バイトが忙しすぎて本業のジムに支障が出るようでは考えものだ。そろそろこの生活も本気で見直さなければならないだろう。

だから、このブログを見て、入会を迷っている方は、哀れなMOK代表を助けると思って速やかに入会してね。

しばらく来てない会員たちも気にするなよ。
そういうジムなんだから復活するにしても普通に来てくれてかまわない。

今のMOKジムは、カミオカやミキといった古参の選手たちと、ジョーを中心とした新世代の選手たちが合わさって、いい感じになってきている。

色々なボクシングの楽しみかたも確立されてきつつあるのだ。

だから今こそ、たくさんの仲間が欲しいし、その時だと思うのである。

(MOK代表 原)


若き力に期待

moblog_c12c80ee.jpg

新人王戦に出場する予定の高校生2人が好調。

動きが格段によくなっている。やはり練習は嘘をつかないものだ。

一歩選手は、入会当初からサンドバッグを黙々と叩く姿を、アマノ選手がよく褒めていた。伝説のロッキー選手も、サンドバッグを打つのが大好きだったが、こういう選手は化ける可能性が高い。

moblog_4e50d746.jpg

コウスケ選手は、練習回数こそ少ないが、自分の欠点を理解して、しっかりと修正してくる。とにかくフォームとバランスがよくなった。

防御力の向上とともに、天性の強打も活きてくるだろう。

新人王戦は、もちろんのこと、2人の今後の活躍に期待している。

ダイナミックジョー

moblog_858ad08e.jpg

ジョー選手のボクシングスキルが飛躍的に伸びている。

デジカメを購入して、毎日のように練習の動画を録り、自分の動きをチェックしているからだろう。躍動感にあふれたダイナミックなボクシングができるようになっている。

もともとのパワーやタフネスに加えて、独特なテクニックを身につけたジョー選手。ボクシングの幅を広げたいという願望は、叶いつつあるようだ。



とうとう11人になった

新人王戦は、今月いっぱいまでエントリー可能だが、さすがにもう希望者はいないだろうと思っていたMOK代表。

だが、東十条商店街で信号待ちをしているとき、久しぶりにフクダ選手と出くわしたので、一応、新人王戦の話をしてみると、是非参加したいというではないか。

今回の新人王戦は、ビジター会員ばかりで、ほとんど練習しないで、ぶっつけ本番で闘う選手が多いなあ。

まあ、力の均衡がとれるからいいけど(笑)

もちろん時間と労力をかけて参加してくれるのもうれしいけれど、あまり気負わず気軽に参加してくれることも、なんかMOKジムらしくていいな。

(MOK代表 原)

雑草魂

moblog_d2d2e1ef.jpg

1週間の休養から、かなりの時間が経過してしまったが、ご心配なく。

単純に私が更新するのを忘れていただけで、ジョー選手は、とっくに復帰して優等生のように毎日練習しています。

今日は、新人王戦に出場するコウスケ選手の為に、拳合ルールでのスパーリングを3ラウンド消化。

雑草魂のようなスピリットを持った選手が好きなジョー選手は、やられてもやられても闘争心の衰えぬコウスケ選手が気に入ったようだ。

受け入れること




ガッツ選手にミットを持ってもらうオキナ選手。

前回の敗戦は、自分の弱さを知る勉強であったと思う。

ふがいない自分に目をそむけず、現実を受け入れることが、本当の強さを身につける第一歩なのではないだろうか。

彼は逃げずに、ふたたび立ち上がって歩きはじめている。


カンノ選手が条件つきで新人王に参戦

最近、試合ネタばかり書いてるので、そろそろガッツ選手から怒られそう。
でも、今日も書いてしまうMOK代表であった。


遂に、カンノ選手が新人王戦に参戦することになりました。
 
ジョー選手の熱烈な勧誘に、とうとう屈してしまったカンノ選手。
ある条件つきでの参戦ではありますが、とにかく10人の戦士がエントリーしてくれました。

MOK代表としてジョー選手とともに深く感謝しています。

(MOK代表 原)

試合は中止となりましたが。

サウスポー選手の交通事故により、延期となっていた「拳合7」ですが、事故後の経過で負傷が認められたため、中止ということになりました。

また、出場予定であったオキナ選手も時期尚早なマッチメークであり、怪我の心配が大きいという結論により、中止とさせていただきました。

すべての試合が白紙となりましたが、「拳合7」は、4月21日の日曜練習後にやることにしました。参加希望者はMOK代表までご連絡下さい。

新人王戦に参加する選手たちは、この大会に出て、少しでも実戦を経験しておくことを勧めます。

(MOK代表 原)

私は急いでいない

本来なら今日の拳合で、アマノ選手と対戦する予定だったオキナ選手。

延期となり新しい日程が決まるまえに1回だけ本番形式でやってみようということになった。

オキナ選手がどの程度やれるのか試してみようと思ったのだが、残念ながら今の段階では論外という結果となってしまう。

この結果を見て、いろいろ悩んだが、MOK代表としては、試合を中止するという結論に至った。

オキナ選手が本当に学ばなければならないことは拳合にはないと判断したのだ。彼がボクシングをどう考えているかは分からないが、私は急いでいない。これからの関わりの中で、いい選択ができればいいと思う。


オキナ選手にとっては苦い経験となってしまった今日の練習だが、大人たちの練習はすごいことになった。カミオカ選手、アマノ選手、アオヤマ選手、ミキ選手、そしてジョー選手のハイレベルな攻防は、完全に私を一人のボクシングファンにしてしまうほど刺激的だった。

アオヤマ選手には、トレーナーになりたいという希望もあるので、オキナ選手の指導をお願いしたが、これほどしっかりと教えてくれる指導者は見たことがない。はっきりいって私が習いたいぐらいだ。

古参のカミオカ選手とも話したが、MOKには、いい人材が集まりはじめている。これからもっとおもしろいことになるだろう。

(MOK代表 原)

練習の日々

今週は、ジョー選手とマスボクシングを毎日やっている。

それをデジカメで毎日記録して、動きを確認し、翌日に問題点を修正できているかどうかチェックするという繰り返し。

肉体的に追い込むような練習ではないが、とても有意義な練習となった。


新人王戦を目指すことになった、一歩選手は拳合ルールでオキナ選手相手にデビュー戦を行なったが、さすがに今の知識と経験では厳しかった。

しかし現在地が分かったことで、進むべき方向は見つかったと思う。
年齢が近い相手がいるというのは、貴重なこと。お互いに切磋琢磨していってもらいたいものだ。

moblog_f0efbbf4.jpg


役者はそろった!

突然の拳合7延期に、驚きと心配をされた方も多いと思います。

私もびっくりしましたが、メールではなく、サウスポー選手本人と電話で話したので大丈夫です。本人も、この大事なときに、つまらない事故に巻き込まれたと悔しがり、ダイスケ選手やジムの仲間に詫びていました。

そんな時に何ですが、新人王戦への参加の意志を確認したところ、サウスポー選手が快諾してくれました。そして、その電話の直後に、今度はオオデ選手から参戦のメールが届いたのです。

あっという間に9名の戦士の出場が決まり、盛り上がってきた初代新人王決定トーナメント。役者はそろったという感じですなあ。

(MOK代表 原)

拳合7延期のお知らせ

4月6日に予定されていた拳合第7回大会は、延期となりました。

サウスポー選手が、車の追突事故に巻き込まれまして、幸い怪我はないようですが、数日は経過を見なければなりません。

それから、先日の大雨により、ジムの天井の一部から雨漏りしていましたが、その工事が4月6日の夜になりましたので、結局は延期ということになっていたでしょう。

偶然が重なった形になりましたが、とにかく一時延期ということでご了承下さい。新たな日程が決まり次第お伝えします。

尚、今回出場予定のアマノ選手だけ、事後報告となってしまいまして本当に申し訳ない。

(MOK代表 原)

カラテカ選手と一歩選手が参戦を表明

ビジター会員としてMOKに長く関わってくれている「浪速の空手家」が、新人王への参戦を決意してくれた。

ちなみに何故このような仮称なのかというと、入会時にブログ出演NGという理由からなのだが(謎のサウスポーも同じく)、なんだかんだで載せてしまっていることを、この場で謝っておこう。写真などは載せないので安心してほしい。

でも、この2人とは付き合いも長いし、私の中ではどうしても紹介したいエピソードが胸の内にある。そのことは知っておいてもらいたい。

さて、本題に戻ろう。

今日は浪速の空手家(以後、カラテカ選手)の他に、もう一人出場を目指す者が現れた。今年の2月に入会してくれたばかりの高校生が、5月の新人戦に間に合うように頑張るというのだ。

ボクシングは、ほとんど見たことがないけれど、アニメの「はじめの一歩」が好きでボクシングを始めたという。ということは、うちのジムの伝統から彼の名前は「一歩選手」ということになる。

はたして一歩選手は、新人王トーナメントに間に合うのだろうか。

カラテカ選手と一歩選手の心意気に謝し、彼らの奮闘を期待したい。

(MOK代表 原)

初代新人王は誰の手に

満を持してアマノ選手が新人王戦に参戦を表明。

これで5名が決定し、発案者のジョー選手もうれしそう。

最低でも8名は出てほしいので、応募締め切りの4月いっぱいまでは、候補者へのジョー選手の勧誘が待っていることだろう。

MOKジム初代新人王を決める闘い。
とにかくいい大会にしたいものだ。

(MOK代表 )

拳合ルールに改名

新人王戦に参加するガッツ選手に「ベーシックルールってなんですか?」と聞かれてしまい、この名称が、いまいちピンとこないネーミングであると悟ったMOK代表。

そこで、すっかり定着して好評も得ている、拳合の名を冠して、
「拳合ルール」という名称に再度変更することにしました。
改名好きで申し訳ないけど、これが一番ぴったりくると思います。

実戦を重ねて改良を加えてきた、このルールですが、現在の完成型を一度紹介しておきます。4月6日の拳合7から、以下のルールを使用しますので、参加の意志がある方は見ておいて下さい。


【拳合ルール】

旗判定による1本ルール。
体でぶつかりあうようなラフファイトを禁じ、技術を無視した強引なプレイは無効となる。駆け引きによる忍耐力とディフェンスを重視した競技。


<競技規定>

3分3ラウンド制
レフェリー1名
ジャッジ2名
ジム指定の16オンスグローブとヘッドギアを使用

<勝敗>

「判定」

顔面に有効打がヒットしたと判断した場合、ジャッジは旗を上げる。2本の旗が上がれが得点となるが、ジャッジ2名の判断が分かれた場合、もしくは1本しか上がらなかった場合は、レフェリーの判断に委ねられる。

1ラウンド中に、3本先取したら勝利。3ラウンドまでに、両者3本まで達せず終了した場合、各ラウンドごとに獲得した本数の合計で勝敗が決まる。

①相手より先にパンチを当てたとしても、その直後に反撃のパンチをもらってしまった場合は相殺となる。
②ボディブローは得点打とはならないが、ヒットすれば、仮に顔面に反撃のパンチをもらった場合でも相殺となり、相手の得点にはならない。

「KO(ノックアウト)」

①1ラウンド中に、3本先取される。
②相手の攻撃によって、足の裏以外の部位が地面についてしまう(完全なダウン)
③ダメージが深いなど、これ以上試合を続行させると危険であるとレフェリーが判断した場合。
④選手本人、もしくはセコンドがこれ以上試合を続けることができないと判断した場合。
⑤どちらかの選手が鼻血などで、激しく流血した場合(両者の場合は引き分け)

<反則 >

試合中に以下の行為を行った場合、反則となり、レフェリーに注意を受ける。1度目は口頭による注意のみ。2度目は、イエローカードが提示され、拳合ルールのときは相手に1本が加算される。3度目はレッドカードが提示され、失格負けとなる。

「危険な行為」
バッティング 頭、肩、肘などで攻撃する。
ローブロー 相手の腰より下への攻撃。
オープンブロー 平手打ちのように、相手をはたく攻撃。
チョップブロー 空手の手刀や拳槌による攻撃。
ラビットパンチ 相手の後頭部への攻撃。
キドニーブロー 故意に背中側を執拗に攻撃する。
レフェリーがストップを命じた後、試合再開を促す前に攻撃する。
ラウンド終了のゴングが鳴った後に攻撃する。

「ボクシングをできなくさせる行為」
ホールド 故意に相手の腕を抱えたり押さえたりする。
プッシング 体ごとぶつかって相手を押し込んだり、手で突き飛ばす。
カバーリングアップ 両腕で顔面と上体を覆い、執拗にガードを固める。
プロフィール

MOK

Author:MOK
元MOKボクシングジム代表。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる