FC2ブログ

黄金の明日はどっちだ?

moblog_91d2a08d.jpg

明日の拳合に出場するオキナ選手。

最近、いいところなく負けるばかりだったが、対戦相手のガッツ選手と最後のスパーリングをして大善戦。

1~2ラウンドは、いつも通りにポイントを奪われるだけの負けパターンだったが、3ラウンドに開き直って大逆襲!!

4ポイント連取して、まさかの大番狂わせかと思われたが、前半の失点が響いて判定負け。だが、はじめてパンチが完璧な形でヒットしていた。

さて、明日の本番はどうなる??

スポンサーサイト

また一つ、伝説を達成!

moblog_a1a91ce5.jpg

遂に、今月の練習に全て参加したジョー選手。
これは、ミキ選手以来の快挙だ。

腰痛に苦しみ、しんどそうだったが、宣言通りに達成してみせた。
最終日は、最近恒例となっているヤマモト塾で締め。

明日の拳合は、セコンドに付くとはいえ、自分が出る訳ではないので、ゆっくりと楽しんで観戦してほしい。


新パートナー募集

残念ながらスドウ選手は、仕事の都合により拳合3の出場はキャンセル。

不戦敗でGMジョー預かりとなりました(笑)

ということでピンチヒッターを募集します。
もし代役が決まらない場合は、ガッツ選手に連戦してもらうことになりますので、よろしく。

(MOK代表 原)

順調な仕上がり




アマノ選手が、最高の仕上がりで拳合に向けてのスパーリングを終了。

途中、左手首を痛めて、一切の実戦練習が出来ないときもあったが、逆に良かったのかも。サウスポー対策は、万全といっていいだろう。

前座には、オキナ選手対ガッツ選手。
そして、MOK代表とスドウ選手の師弟コンビが、ミキ選手とダイスケ選手の教科書コンビとタッグマッチで対戦。

もし、MOK代表チームが負けたらば、ジョー軍団にスドウ選手を譲渡するということが、本人の意思を確認せず決定!

スドウ選手は背水の陣で闘うように。

ゴールデンボーイの明日

moblog_fb5171a1.jpg

拳合まで、あと少し。
ゴールデンボーイも、練習に真剣味が出てきた。

ガッツ選手との前哨戦では、連戦連敗。
やればやるほど勝利は遠くなっていくようだ。

1%の可能性を信じて、最後まで全力で取り組んでほしい。
今日のような練習をやっていれば、確実に成長していくだろう。

拳合に参加する意味は、そこにあるのだから。




代表命令

moblog_504fd5ce.jpg

拳合後に、ゆっくりするどころか獅子奮迅のジョー選手。

今月は、一日も休まず練習に参加している。

本来、日曜日は休んでいたのだが、拳合2で、はじめて日曜に参加したのを切欠に、今月は全ての練習に出ることにしたのだった。

しかし、やはり無理が祟ったのか持病の腰痛がひどいらしい。
その状態でアマノ選手の為にスパーリングの相手をしているのだ。
絶対に勝たせたいという男気は素晴らしいがとても心配だ。

今日の動きを見る限り、かなりの重傷。私も首を痛めたときそうだったが、打たれると痛みで動きが止まってしまうのだ。

明日もアマノ選手の相手をするというが、代表命令で中止させることにした。代わりは、私でも出来るのだから。



12月の予定、一部訂正のお知らせ

12月の予定を一部訂正させていただきます。

12/9(日)を休業日としていましたが、ちょっと休み過ぎなので日曜練習にすることにしました。すでに訂正して書き直しておきましたが、一応、新しく予定を書いておきます。

<12月の休業日>

24日(月)

<日曜練習日>(13~15時まで)

2日、9日、16日、23日

<年末年始の休業日>

12/30(日)~1/3(木)







鬼軍曹と優しいMOK代表

moblog_375064fa.jpg

拳合2で、ジョー軍団の一員となったゴールデンボーイことオキナ選手。

GMジョーは、軍団長として練習時間の合う土曜日だけ稽古をつけてやっている。MOK代表の練習は、とっても優しいので、すぐに帰っていいよといってくれるけど、鬼軍曹の厳しい稽古はそうはいかない。

だが、どんなに練習しても、拳合3まで、あと一週間。

代表軍団のガッツ選手との差は開く一方!
果たしてどれだけ闘えることやら・・・

慈悲深いMOK代表は、怪我しないうちに棄権するか?と優しい言葉をかけるのだが、オキナ選手は断固拒否。

たとえ負けても何度でもリベンジするというではないか。
なんと、やっかいなことになっちまったなあガッツよ。

あれ、俺のせいかな?

12月、年末年始の予定

<12月の休業日>(年末の休みを除く)

12/9(日)、12/24(月)

<日曜練習日>(13~15時まで)

12/2(日)、12/9(日)、12/16(日)、12/23(日)


<年末年始の休業日>

12/30(日)~1/3(木)


(MOK代表 原)

闘う理由

敗北ほど多くを学べることはない。

負けることで自分の弱点を知ることができるからだ。

私も拳合2で負けた。だから分かったことがある。

自分の中の恐怖を。

今年になって、急激に体の衰えを感じはじめた。
突然のことに動揺して、私は怯えていた。
両親とも若くして亡くなっているので、自分が老いを感じた瞬間に、大げさだが死への恐怖に包まれてしまったのだ。

弱気に支配されてしまった私は、拳合2でのイベントを最後に、どこかで逃げたいという思いが働いていたのではないか?

もう、かつてのようには動けないのだからと・・・

だが、たしかに年齢による衰えは止めようもないが、心はどうだろう。
自分は弱気から、戦士としての心を失っていたのではないか。
そんなことでは人生の闘いにも勝つことはできないはずだ。

だから私は、そんな自分を戒めるために引退を撤回することにしたのだ。
闘魂を伝えようとして、逆に弟子たちに教えられてしまった。

それと同世代のホリ選手が、私と同じように現役続行を決めたことも大きかった。ブログでは、今年の夏にキックボクシングの大会に参加するホリ選手のことを書いたが、彼もその試合を最後に辞めるつもりだったのだ。

残念ながら結果は惨敗だったのだが、逆に辞められなくなってしまったと、私に笑顔で報告してくれた。そして来月、拳合3の数日後に、またキックのリングに上がるという。

今回は、時期が重なってしまったので、拳合には参加できないが、最強世代コンビとして、来年には一緒にやりたいと思う。


moblog_68979a20.jpg

現役続行を決めたホリ選手(写真左側)
肉体は衰えても、心は滅せず。
拳合への参戦お待ちしております。

魂の結晶

moblog_0c4c7857.jpg


MOK代表とGMジョーに、子供相手でも手加減しすぎだと責められてしまったガッツ選手。

その後は、きっちりとオキナ選手に、ボクシングの厳しさを教えている。

勝てると思っていた相手に軽く捻られたオキナ選手は、泣いてくやしがっていたが、とてもいい勉強をしたと思う。

彼は、泣いてしまったことを格好悪いと言っていたが、それは違うぞ。

泣けるほど、ひとつのことに向き合えるなんて幸福なことだ。
なにをやっても冷めた薄笑いを浮かべて背を向ける人間に比べれば、何万倍も魂が輝いている。

涙はその結晶のようなもので、恥ずべきことはなにもない。
私は、父親にそう教えてもらった。


オキナ選手は、涙とともに自分の思い上がりや心の中の弱さも知ったことだろう。そんな自分こそ恥ずかしいと感じたはずだ。

汚名返上するには、たとえ敵わない相手でも、男の意地をみせること。
オキナ選手には頑張ってもらいたいものだ。




ジョー選手がGMに就任

moblog_20d79671.jpg


試合のプレッシャーから離れて、じっくりとボクシング技術を高めたいからといって、ミキ選手との拳合を最後に引退を表明したジョー選手。

ボクシングマスターを目指す道を、ゆっくり歩きはじめた彼の為に、ブログのほうも心機一転して新しいタイトルをつけることにしました。

新タイトルのお祝いも含めて、自由な身となった彼の為にMOK代表が、ゼネラルマネージャーのポストをプレゼント。

拳合のマッチメークやチーム編成。そしてセコンドやジャッジに至る全てのポストを兼任できる権限を与えることにしました。

さあ、ジョー選手の拳士三楽を追及する旅のはじまり。
ここからが本当の物語りといえるでしょう。





スドウ選手が拳合に参戦




万年補欠扱いを返上するべく、スドウ選手が拳合3への出場を決意!

仕事の調整もあるので、当日まで分からないが、これでようやく対戦カードが埋まった。

今回の拳合では、ボクシングでタッグマッチをやってみようと決めていたので、すでにエントリー済みのダイスケ選手のパートナーに、ミキ選手を。

そして私、MOK代表のパートナーをスドウ選手にお願いすることにした。

今日は、同じく代表軍団のアキモト選手とライトコンタクトルールでの実戦を闘ったスドウ選手。2ポイント差で敗退したが、練習していないので現在の力は大体このぐらいだろう。

拳合では、盟友ロッキー選手の分も背負って、意地を見せてもらいたい。


連載ぐらいは・・・

急激に寒くなってきたので、ブログの更新も激減。

だって、練習が終わった後のジムって、とてつもなく寒いんだもの。
あまり長時間いると、確実に風邪をひくので、書くのが遅くなったときは、あきらめて帰るようにしている。

ブログでは、ジムの変化を伝えきれていないけれど、MOKの選手たちは日々成長しています。

私も、もうちょっと更新を守れるように努力しないといかんね。
せめて『へヴィのジョー』の連載は、しっかり伝えないといけないよなあ。


(MOK代表 原)

二刀の怪物

moblog_9d206687.jpg

ジョー軍団の一員として、拳合3のメインイベントに出場するアマノ選手。

ジョー選手は、絶対に勝たせたいからといって、毎日、実戦練習の相手をしているのだが、自らがサウスポーで闘う極意をつかんだのか、本来の右構えとは、また違った強さを身につけてしまったようだ。

昨日は左ストレート、今日は左アッパーでダウンを奪っている。アマノ選手は、それほどパンチを喰らうような選手ではないのだが、次々と強烈なパンチをヒットさせるジョー選手に、私も感嘆のため息しかでなかった。

アマノ選手の強さを引き上げると同時に、自らもサウスポーの魔力を身につけ、更なる怪物と化してきたジョー選手。

左のジョーでの拳合復帰も本当にあるかも!?

良心の呵責




拳合3への出場が決定しているゴールデンボーイことオキナ選手。

対戦相手のガッツ選手との前哨戦で、なんと勝ってしまった。

しかし、明らかにガッツ選手は、中学生のオキナ選手を打つことに抵抗があるために、ほとんど防戦一方なのだ。

最大の敵は、大人の良心という訳か。

ガッツには、勝っても負けても損な役回りを引き受けてもらって申し訳ないと思っている。

私だってオキナ選手を本気で打つようなことはしない。いや、大人の会員でも実力が伴っていない人を必要以上に打ちのめしたりはしないけど・・・


だがなガッツよ。
少年にもプライドはある。

パンチのダメージ以上に、優しさが人を傷つけることだってあるんだ。
どの程度、手加減すればいいのか難しいとは思うが、小さいながらも男がやると決めたんだから、オキナ選手を一人のボクサーとして、しっかり打ってやってほしい。




サウスポー対策

moblog_4aa5131b.jpg

カミオカ選手には、残念なお知らせだが、コウジ選手の都合がつかなかった為、メガファイトは来年に持ち越しとなってしまった。

ということで急遽、メインイベントを勤めることになったアマノ選手。

対戦カードが決定してからは、ジョー選手やミキ選手にサウスポーに構えてもらい実戦練習を積んでいる。

だいぶ慣れてきたようだが、ボクシングには理屈を超えた相性が存在するので、初対戦となる今回の相手とは未知な部分が多い。

お互いにファーストラウンドの結果と、そのデータからの戦術の転換が鍵となるだろう。


私は、一番期待している好カードだ。

どちらもパワーではなくテクニックを重視するタイプなので、ソフトボクシングらしい拳合わせとなることは間違いないだろう。



ガッツ対ゴールデンボーイ

拳合3の続報です。
本日、新しい対戦カードが決定いたしました。

拳合2で勇敢にもMOK代表に挑んできたゴールデンボーイことオキナ選手が、なんとガッツ選手と対戦することになりました。

普段から軽く実戦練習の相手をしていたガッツ選手でしたが、まさか挑戦してくるとは、思わなかったのではないでしょうか。

しかも勝算ありと思われているとくれば、大人の意地とプライドを賭けて、絶対に負けられない闘いとなるでしょう。

更に、拳合皆勤賞のダイスケ選手も参戦決定。
現在、マッチメーク中で対戦相手を募集しています。伝説のロッキー選手との対戦を含めて、連続出場記録はどこまで伸びるのか?

私、MOK代表は、選手たちが都合によりキャンセルせざるをえない時や、エントリーしても対戦相手が決まらない時には、リザーブ選手としてフル参戦させていただきます。代役でハンディキャップマッチによるエキジビジョンファイトを行なう予定です。

もしダイスケ選手の相手が決まらない場合は、現在練習中のサウスポーで闘ってみようかなと思います。

(MOK代表 原)

対戦カードが一つ決定

はやくも一つ、拳合第3回大会の対戦カードが決定。

新鋭アマノ選手が、サウスポーの強豪選手と激突!

更に、現在交渉中のメガファイトが実現すれば今年の最後を締めくくるにふさわしい闘いとなるでしょう。

参戦希望者は、MOK代表になるべく早くご連絡下さい。
安全の為に、現在の力量を考慮したマッチメークをします。

その結果によっては、参戦希望しても対戦カードが決まらない場合もありますのでご了承下さい。

なかなか気軽に参加とはいかないと思いますので、出場せずに見て楽しむだけでも構いません。拳合は毎月開催しますので、自分の予定と計画に合わせて利用して下さい。


(MOK代表 原)

スカウト合戦のはじまり

moblog_45c8bcd0.jpg

フフフ、ガッツにアキモトよ。

お前たちは、代表軍団に決定だ!

あとはオオデ選手と、補欠としてスドウかな。
あいつは土日は来れないから万年補欠になりそうだが。

これからのMOKは、ジョー軍団との抗争とスカウト合戦になるだろう。



拳合 第3回大会のお知らせ

来月、12月1日(土)に、『拳合』第3回大会を行ないます。

第1日曜の練習後に開催する予定でしたが、土曜の夜の方が翌日休めるという意見もあり、実際、私も出場してみて負担が大きかったので、今回は、第1回大会と同じく土曜夜9時スタートに戻してみます。

ただし、これが決定ではありません。今後は、日曜開催との併用でやっていくことになると思います。

私、MOK代表は、第2回大会をもって拳合からの引退を表明しましたが、早くも撤回させていただきます。生涯趣味としてのボクシングを確立させるために、生涯現役を貫く所存です。

これからは、毎月フル参戦して自分が作ったソフトボクシングを会員の皆様と作り上げていきたいと思います。

賛同してくれる方は、可能であれば是非とも参加して下さい。


(MOK代表 原)

おかげさまの6周年

おかげさまでMOKジムも6周年となりました。

昨日は、6周年記念興行も行なわれ、私にとっては厳しいものとなりましたが、会員の皆様には楽しんでいただけたかと思います。

今後も、ソフトボクシングというテーマに則って、皆様とともに楽しく新しいことを作り出せればと考えております。

木鶏ボクシングジム代表 原 尚斗

すべてはこれから

4勝1敗・・・

私はジョー軍団に負けた。
完膚なきまでに叩きのめされた。

カミオカ選手に喫した1敗だけとはいえ、6人全員の勝利。
ジョー選手の采配は見事だったと思う。

先鋒ミキ選手、次鋒アマノ選手、中堅カミオカ選手、副将ダイスケ選手、そして大将はゴールデンボーイとしてデビューを果たしたオキナ選手。

私は、全員を相手に最大2ラウンドずつ闘う。
1ラウンドに3本先取した時点でテクニカルノックアウト。
記念興行なので、全員1ラウンドノックアウトするつもりだった。

ところが・・・

ミキ選手の先鋒に虚をつかれ、そしてその強さに圧倒されてしまう。
ファーストコンタクトで、互いの右ストレートがカウンターとなったが、僅かにミキ選手のほうが速くて、強烈なダメージを受けてしまい、頚椎と右足首を捻挫してしまった。

これで大半は勝負あったと思う。ほとんど動けなくなってしまったのだ。
これがボクシングのワンパンチの怖さ。
私は、恐怖に固まり、負けを覚悟した。

どうやって勝ったか覚えていないが、1ラウンドで逆転勝利したのが不思議なぐらい。ダメージは甚大で、私は敗北感に打ちひしがれた。

次縫のアマノ選手とは、これぞライトコンタクトという、駆け引きを楽しめるファイトとなったが、途中でフットワークを使われたのがきつかった。
私は、フットワークを使えなくなっていたので、追いかけるのにスタミナをかなり消費。なんとか1ラウンドで勝ったが、非常に厳しい展開となる。

ここで中堅のカミオカ選手。
さすがに抗しきれずに、場外に叩き出される展開が何度も続いた。

1ラウンドはポイントイーブンに意地で持っていったが、ここで力尽きる。最後は、ポイントを把握しておらず、負けているのにイーブンだと勘違いして、逃げに入ったところを追い討ちされてゲームセット。なんとも悔いが残る、無様な負け方になってしまった。

副将のダイスケ選手は、今回の拳合わせに向けてのジムワークゼロという、ある意味凄い状態でリングイン。駆け引きは楽しめたものの、やはり動きの精度が悪かった。しかし、連続参戦してくれたことに感謝。

最後のゴールデンボーイは、まだ私と闘うには時期尚早だが、その勇気は高く評価している。

力押しはせず、駆け引きで隙を探るが、ちゃんとガードしているので隙は少なかった。攻撃面でも、ジョー選手のブロック戦法とミキ選手の右ボディフックを巧みに使い攻撃してくる。

しかし残念ながら16オンスグローブは重く、彼の筋力では素早く振り回すことは困難。だが、彼はグローブハンディを事前に拒否していた。

じつに漢らしい意地である。


今日、ジョー選手に、「拳合は、最高に楽しい。とてもいい試合だった」といわれてホッとした。私としては悔いの残る拳合だったが、それなりに意地は見せられたのなら満足だ。それに最後はこんなものなのだろう。


これから、ライトコンタクトルールの更なる整備も必要と感じたし、団体戦という発想は予想以上に楽しかった。

やることはたくさんある。皆と新しいものが作り出せたらと思う。

(MOK代表 原)








静かな気持ちで

コンディションは良好。
なんともいえない、とても静かな気持ちだ。
幸福感といっていいだろう。

だからといって、いい動きができるとは限らないのが、ボクシングの難しいところなのだが・・・

1週間だけ、自分の為に練習させてもらった。
これが終われば、一区切り。
私から公へ戻り、指導者として新生するつもりだ。

協力してくれた、すべての会員に感謝します。
本当にありがとうございました。


木鶏ボクシングジム代表 原 尚斗

これで私も・・・

今日で、拳合に向けての練習も無事終了。

6周年記念のイベントにと思い、軽く考えていたけど、やはり、どんな闘いであっても練習せずにはおれず、1週間だけの準備だったが、精一杯練習して、今、すごく気分がいい。

プロの試合のような恐怖感も無く、死んでも勝ちたいという執着もない。
かといって緊張していないわけではなく、なんともいえない清々しい高揚感に包まれているのだ。

終わったあと、自分がどういう気持ちでいるかは分からないけれど、今回で、私もジョー選手と同様に試合からは完全に引退するつもりだ。

もはや拳合わせするまでもなく、今回の練習に取り組む中で、皆の成長をしっかりと、この身に焼き付けることができたからだ。

その成長や未来を感じさせる動きには驚きを隠せず、なにか自分の中で、ひとつの区切りがついたような気がした。

今後は、ジョー軍団とMOK代表軍団の抗争でもやったらおもしろいかもしれないな。


(MOK代表 原)






五人目の刺客

今日、五人目の刺客が決定した。

MOKジム最年少にして、行事として活躍中の、あの選手だ。

自ら電話してきて、私に直訴してきてくれた。
私は、その勇気に感動して、もちろん快諾した。

勝つ負けるの問題ではなく、挑んでくる。
これほどうれしいことはない。

敬意をもって拳合わせしよう。

(MOK代表 原)

左のジョー

moblog_61ecf5d2.jpg

サウスポーに転向して再デビューを果たしたジョー選手。

破壊力は半減しているが、防御面での効果があるようで、苦手なライトコンタクトルールでは通用している。

アマノ選手、ミキ選手と立て続けに撃破しているのだから侮れない。

新生ジョー選手は、もっとボクシングの幅を広げていきたいと考えていて、今後はテクニックの追求を目指している。

サウスポー転向も、その一環なのだ。

プロフィール

MOk

Author:MOk
元MOKボクシングジム代表。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる