FC2ブログ

練習の耐久力




今年の新人選手たちは、基本に忠実なボクシングスタイルをマスターしようという方が多いようです。

その中でも、アマノ選手の反復練習は、私でさえ感心してしまいます。
今日も右ストレートと左フックをたっぷり丁寧に打ち込んでいました。

アマノ選手は、ジョー選手と同じように、ほぼ毎日練習に来ているし、全体の練習量も多いので、体と心にかかる負担が心配だったのですが、今のところ問題ないようです。

練習における耐久力というのは、個人差があるということを感じずにはおれません。私だったらとても持たないと思います。


スポンサーサイト

4月の予定

<4月の休業日>

4/8(日)、4/22(日)

<自主トレ日>(13~15時まで)

4/1(日)、4/15(日)、4/29(日)

4月は、第5日曜(29日)も自主トレ日にしました。
2時間だけの営業ですが、自主トレといっても普段の練習と変わらないのでお気軽にどうぞ。


(MOK代表 原)

もう1ラウンド

今週は、何かと苦戦中です。

ロッキーポスターを、ジムの郵便受けに取り付けようと思っていたけれど、上手くいかず挫折。

4月に向けて新しい行動を起こす準備にも手間どっています。

細かい問題点は処理できているのに、本質に迫れない。
ボクシングと同じで、手が届きそうで届かない。

ジムが好調なことは、とてもうれしいのですが、自分のレベルがそれに追いついていない気がします。知恵も力も行動力もなにもかも。

でも、こういうプレッシャーに耐えることで少しずつ道を切り拓いてきたのだから、もう1ラウンド頑張れば何かが見えてくるかもしれません。

そんな風に自分を信じるしかないのです。


(MOK代表 原)

勝手にロッキーポスター




ロッキー選手の写真を勝手に使って作成した宣伝用のポスター。

ジムの入口辺りに、飾ろうと考えています。

先週、ちょうどいいタイミングで、ロッキー選手がジムに来たので、一応許可してもらいました。まあ、拒否権はないんだけどね(笑)



傷だらけのジョー




前回のマスで、コウジ選手に胸部を打たれて怪我をしてしまったジョー。

軽く打たれた程度でしたが、オーバーワークによる筋肉の疲労から、肉体が耐えられなかったのでしょう。

筋肉を休ませろというMOK代表の助言を聞かず、筋トレが楽しくなってしまい、毎日やった結果です。

船木の本にも書いてあったはずなのに・・・

今日は、パンチングボールを打てるぐらいまで回復していますが、今週のダイエット計画は完全に頓挫してしまったようです。

彼は若い頃、無茶な練習をして、膝も腰も手首も痛めているといいます。

最近では、MOK代表に肋骨を折られ、今回はコウジ選手に胸部打撲・・・


どうやらジョーの伝説は、傷だらけの伝説になりそうです。

デカい目標

ジョー選手にとってコウジ選手との対戦は、初めて本物の恐怖を知った一戦だったことでしょう。

生身で経験する階級の違い・・・
といっても自分のほうが体重は重いんだけどね(笑)

前回の一方的な敗戦から、これまで真面目にやったことがない筋力トレーニングに真剣に取り組み、一定のパワーアップを果たしたジョー選手。

最大の強敵相手に、その成果を試すときが来たようです。

moblog_42aeb2f0.jpg

安全を考慮してヘッドギアをつけたのが災いして、前回はマスだというのにガチで殴りあった両選手。ギアなしなら、さすがに本気でいけないだろうということで、今回は装着せずに行なうことにしました。

立ち上がりから恐怖で緊張するジョー選手。
でも、コウジ選手が明らかに手加減してくれているので、ラウンドが進むごとに少しずつ練習してきたことが出せるようになってきました。

moblog_94682c72.jpg

ワンツーを基点としたコンボで相手の圧力を必死で突き放すジョー選手。

一発入ると猛然と襲いかかるコウジ選手に、恐怖で顔を引きつらせながらも、練習していたカウンターの右フックを浴びせるなど大健闘。

しかし、やはり体格の違いは歴然。マスボクシングなら成立する戦いですが、スパーリングとなったなら、破壊されるのは一目瞭然です。

それでもいつかはスパーリングで真っ向勝負したいというジョー選手。

その勇気は称賛しますが、キミが今、取り組んでいるダイエット大作戦が成功したら、体重的にもっときつくなっちゃうぞい。

ジョーとロッキー

moblog_6aa7078e.jpg

遂にジョー選手が、伝説のロッキー選手と感動の対面!

MOKのレジェンドから、新たな伝説の創造を正式に託されました。

ジョー選手は、普段からMOK代表に、ロッキー選手の偉業を聞かされ、当ブログの名物コーナー『ロッキーの挑戦』を最初から読んでいたので、会えたことを非常に喜んでいました。

イメージ以上の爽やかロッキースマイルに圧倒されたことでしょう。

これからジョー選手が、新しいヒーロー像を作り出し、どんな伝説を紡いでいくのでしょうか?

それは、本人の頑張りとMOK代表の執筆意欲次第です(笑)

それぞれの練習、それぞれのボクシング




なんとなく練習風景を1枚。
個人によって練習のやり方は違えど、みんないい練習してます。

筋力トレーニングやランニングで基礎体力を養うこと。
ただ打つだけの練習より、思考しながら動くこと。
集中力を大事にして、惰性で練習しないこと。
どんな小さなことでもいいから、自分に課題を作ること。

そして・・・
それぞれの目標に向かって、懸ける情熱も、時間も、体力も違うけど、
プレイを楽しむ心を忘れないことです。



新しい体験


昨日の試合は、なんとか無事に終わりました。

対戦相手の技量が素晴らしくて、クリーンな試合に恵まれたと思います。
出場した二人も怪我なく終われて私はホッとしています。

今の正直な感想は「とにかく疲れた」の一言です。
会場に来て下さった会員の皆様も、本当にお疲れ様でした。

新しい体験というものは、人間に多くを考えさせる機会を与えてくれます。
今回の大会を、皆様がどう捉え、何を考えたかは、それぞれの価値観にお任せします。

また、このような機会があり、挑戦してみたいと思う会員の方々がいるならば、可能な限りにおいて応援したいと思います。

(MOK代表 原)

長い夜

試合前日の夜・・・

参加する選手たちにとっては、とても長い夜だと思います。

経験した者にしか分からないでしょうね。

明日の数分間の為に、多くの時間をかけてきた勇者たち。

不安や恐怖との闘い。
練習や減量の苦しみ。

その思いを、存分にぶつけ合ってほしいものです。

もうこれで長い夜から解放されるのだから。

(MOK代表 原)

小心者MOK代表


自分が試合に出るわけじゃないのに、緊張からか体調を崩した私。
たいしたことはないけれど、念のため病院へ行っておきました。

およそ15年ぶりにセコンドにつく予定ですが、当時から自分には向いてないと思っていたので、ちょっぴり逃げたい気分。

その何倍もの恐怖と闘う選手は、やっぱり凄いと思います。
頼りないセコンドで申し訳ない(泣)

試合直前の、この時期は闘いを前にメンタルをどう持っていくかが大事。

やり残したことを後悔しても仕方ない!
開き直って、すべてをぶつける覚悟が必要なのです。

長い人生の、ほんの数分のこと。
選手と共に一暴れしてやりますか。

(MOK代表 原)

試合のお知らせ

3月11日(日)に行われる試合に帯同してみたいという会員の方は、当日の朝、10時までにMOKジムに集合して下さい。

試合会場は、ジムからバスで15分ほどの場所(西新井大師)です。
選手関係者は、計量があるので早めに会場入りしますが、試合開始時間は12時からです(終了は14時を予定)
直接、観戦に行きたいという方は、下記の場所となります。

<試合会場> 
TANGTANG FIGHTCLUB(タンタンファイトクラブ)
住所:東京都足立区西新井5-42-1

アクセス・西新井大師駅から徒歩10分
西新井大師西(舎入ライナー)より徒歩10分
西新井駅西口東武バス西03西04乗り場より「流通センター」又は「竹ノ塚車庫」行き乗車「第二団地西通り」下車徒歩1分

(MOK代表 原)

立ち読み中です




ジムの本棚の前で、立ち読み中のジョー選手。

読んでいるのは、かつてMOK代表の肉体作りにおいて革命を起こした著書、『船木誠勝のハイブリッド肉体改造法』です。
ジョー選手の気になる今月のダイエット法は、筋トレに決定!!


久々の更新となりましたが、毎日の練習は欠かしていないジョー選手。
頑張るのはとてもいい事なのですが、拳に負担が掛かりすぎています。

そこで、拳を休めるためにも、今週は完全に筋トレ中心のメニューに切替えたのですが、日々の成果に確かな手応えを感じているようです。

ダイスケ選手vsミキ選手

試合1週間前なので、ハードなスパーリングは今日で終了。

そこで本番前に、スパーリングパートナーであるミキ選手との試合形式による対決をやってみることにしました。

ロッキー戦と同じ「誰でもジャッジ方式」による判定勝負。
1ラウンドごとに紅白の旗で優勢であった選手を支持してもらいます。
今回は、その場に居合わせた、カミオカ選手、ジョー選手、コン選手の3名にお願いすることとなりました。

それでは、ライト級3回戦 ダイスケ選手vsミキ選手をお楽しみ下さい。

moblog_fcacb281.jpg

本番の試合は2ラウンド制で行なわれるのですが、それよりハードな3ラウンドで、選手のポテンシャルを引き出させることにしました。

その第1ラウンド。
いつも、スタートは緊張で少し堅いことが多いミキ選手。
今日は、鋭いジャブで先手をとっていく素晴らしい立ち上がり。

ダイスケ選手とのスピード差は明らかで、ジャブからテンポよく、フック、ストレートとコンボを繋げていきます。高校生の頃から切れのある攻撃でしたが、パワーもついたので驚愕の破壊力!!

私が相手をしても、これは危ないぞと感じるほどでした。

ダイスケ選手もテクニックを駆使して、要所で強いジャブを浴びせるのですが、迫力とヒット数で、このラウンドは3名ともミキ選手を支持しました。

第2ラウンドは、途中でダイスケ選手が装着している赤いヘッドギアが外れてしまうというアクシデントが度々ありました。

私も赤いヘッドギアを使用したときは、フィット感が悪く、視界を遮られることがあり、異常に気がついていたのですが・・・
メンテナンスの面で不備でした。本当に申し訳ない。

moblog_ae4a4ee9.jpg

そんなトラブルに水を差されることもなく、両者のファイトはヒートアップ。

ミキ選手のコンビネーションブローに対して、ダイスケ選手も、カウンターでクリティカルヒットを与えます。ミキ選手の体が縦に揺れるほどの衝撃!
更に連打で追いたてますが、ミキ選手の反撃もパワフルで負けてない。
テクニックだけじゃなく、本当にタフになったな・・・

このラウンドは、見方によると感じましたが、やはり評価は分かれました。
カミオカ、ジョーの2人はミキ選手に、コン選手はダイスケ選手を支持。
今回、私はジャッジに加わりませんでしたが、このラウンドは私もダイスケ選手を支持したでしょう。

最終ラウンド、判定ではすでにミキ選手の勝利は確定。
ノックアウトするしか道がなくなったダイスケ選手。

しかし体力的にも、与えたダメージでも、ミキ選手が圧倒的有利。
珍しくダイスケ選手が流血しています。

それほどにミキ選手のパンチが破壊的ということですが、それ以上に、一つ一つの技の精度が高いからということを私は強調しておきたい。

ボクシングに一夜漬けの特訓は必要ない。
日々の積み重ねが大事ということを。

3ラウンドは、その差がダイレクトに表れ、ミキ選手の精度の高いパンチが次々とクリティカルヒットします。準備不足のダイスケ選手では、試合の流れを盛り返すことはできませんでした。

しかし、完全にノックアウトされてもおかしくない状態のはずなのに、ダイスケ選手の動きは、予想よりしっかりしていました。

最後まで、きっちり打ち合いを演じてみせたのはさすがです。
私なら、あの状況では手が止まってしまうでしょう。

判定は、もちろんミキ選手の勝利でしたが、終わった後、ヘッドギアを外したミキ選手も鼻から出血していたことを確認。

激戦であったことを物語っています。

3月の予定

<3月の休業日>

3/11(日)、3/25(日)

<自主トレ日>(13~15時まで)

3/4(日)、3/18(日)


(MOK代表 原)

勇者への礼儀

今日は、試合に参加予定の2人によるスパーリングなど、実戦主体の練習となりました。

やはり試合に参加させるとなると気を揉むことが多くて疲れますね。

勝たせたいというより、怪我させたくないという心配のほうが強くて・・・
ボクシングの怖さをよく知っているからだと思います。

でも、この2人には私の心配など無用のようです。
ボクシングに関わっていると、人間って強いなと思うことがたくさんあります。勇気というやつを信じたくなるのです。

私は、もう黙って見届けることにしました。
それが勇者への礼儀というものでしょう。


(MOK代表 原)
プロフィール

MOK

Author:MOK
元MOKボクシングジム代表。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる