FC2ブログ

じゃあまたな!


メイセキ選手がMOKを去る日が来た。

一ヶ月という短い期間だったけど、時間の許す限り、できるだけのことは教えてきた。言葉で上手くいえないけど、これまでの練習を通じて、ボクシングの魂のようなものは、伝えられたと思う。
合計26回の練習だったが、彼の人生にとって、僅かでも、実りあるものとなってくれれば幸いです。

私は最後に、「自分には無理だと決めつけて勝負を途中で捨てるなよ。どんなに巨大な敵でも、本当は、自分と同じように必死なんだ。根気よく闘えば、一気に形勢が変わる時が必ず来る。人生も同じだ」と話した。

逆風に耐えたものだけが、追風に乗れる。

追風だけを待って、逆風から逃げ続ける者に栄光はない。

最後にメイセキ選手は、「貴重な経験をさせてもらいました」といってくれた。なんの私も、たくさん勉強させてもらったよ。

メイセキ選手、お疲れさまでした、そしてありがとう!元気でな!
君はタフで、勇気ある男だったよ。そのハートがあれば、どこでだってなんだって出来るさ!頑張れよ、じゃあまたな!

(MOK代表 原)
スポンサーサイト

惜別のマスボクシング

20090629224516


メイセキ選手とスミカワ選手は、同月、同日、同時刻に入会した同期生。

明日でジムを去るメイセキ選手に、惜別の思いを込めて、同期生同士でマスボクシングを行うことにした。

二人とも、熱心で、これまでの練習量も、ほぼ同じ。
しかし、ボクシングスタイルは対照的で、メイセキ選手はアウトボクサー型、スミカワ選手はファイター型である。

ブロック、パーリング、パンチの配分など、短期間で二人とも、すごくレベルアップした。内容の濃いマスボクシングが出来るようになった。

本当によく頑張ったな!Ъ(^ー´)

悔いなく精一杯に


今日は、マットの補修作業と、スタッフルーム(という名の物置)の掃除が、かなり進んだ。

それ以外にも、細々した作業は、今週で、ほぼ目処が立ったので、気分すっきり終わることができた。

昨日は、深夜まで仕事してしまったので今日は、この辺で切り上げます。

来週も、悔いなく精一杯いきたいと思います。


(MOK代表 原)

走れ!!

体調の回復とともに、たまっていた仕事も、だいぶ片付けることができた。
今更ながら、処理能力が、かなり落ちていたんだなと気づく。
やはり健康とは、何においても大事なものですね。

今週は、フルパワーでは指導できなかったが、会員、ひとりひとりとゆっくり話しをする時間が持てた。ボクシングをやろうと思った動機や、それぞれの想いを聞くことができ、更に身が引き締まり、感謝の念があふれた。

私は信じられている。
だから・・・走れ!!

(MOK代表 原)

過去記事をアップしました!NO.7

☆【MOKジム詳細】の「MOKKEIボクサーの紹介」に、メイセキ選手の紹介文を載せました!

意見交換

今日は、カトウ選手、ロッキー選手とジムの使用について意見交換した。

私は、経験上、自分ひとりで考え抜いたすえ、最後に、その意見の客観性を聞くことにしている。

最初から他人の意見ばかり聞いていると、生みの苦しみもなく、自分で考えなくなるし、私は、アイデアの幅が狭いので、ひとりでは、びっくりするほど、おもしろい発想が生まれない(笑)

ただ、変わった角度からのアイデアを貰うと、私は、いいものを生み出せるようだ。今日の意見交換からも、実用的なアイデアが出てきて、気分的にすっきりとした。

カトウ選手とロッキー選手、助かったよ、ありがとうな♪(^ε ^)

(MOK代表 原)

メイセキ選手が、スパーリングデビュー

20090624221526.jpg
(ミキ選手と、互いの左フックを交叉させるメイセキ選手)

新しくMOK所属となったメイセキ選手は、残念ながら、今月いっぱいまでしかジムにいられないことは、以前の記事でお伝えした。
早いもので、そのリミットも、だんだん近づいてきた・・・

すでに、マスボクシングも数ラウンド消化してきたし、普段の練習態度と、練習の質を見て、彼ならば出来るという信頼ができたので、今日はミキ選手とスパーさせてみることにした。

メイセキ選手は、連打も利くし、右ストレート、ワンツーが速い。
フットワークを駆使して機先を制すれば、なんとかなるだろう。

序盤から激しいパンチの応酬となったが、期待通りの奮闘を見せるメイセキ選手。中盤には、連打で押し込み、右ストレートを鮮やかに好打する。

しかし、ミキ選手は強かった!練習量に裏打ちされた重厚な攻撃で容赦なく打ちのめす。最終ラウンドは、途中で止めるべきか迷ったが、メイセキ選手は、予定通りの3ラウンドを乗り切ってみせた。

メイセキ選手は、十分に男の誇りを示した。


これで勝負だ!


今日も、ジムは大盛況!o(^-^o)(o^-^)o
私も、全力で頑張ったが、ベターであってベストじゃない(⌒∧⌒)
それはやはり、昨日書いた、体調のこと・・・(-.-;)

明後日に、昼の仕事を休んで病院に行くことにしました。
今週は、とにかくコンディションを戻すことに専念します。

悔しいけど、これが自分のもって生まれた体。ウジウジ悩んでても、このカードで勝負していくしかないんです!┗(゚Д゚)┛ガンバルゾ

(MOK代表 原)

気になることがでてきた


毎日、自分の中で勝ったり負けたりしながらも、最近は順調にやっているが、少し気になる点が二つでてきた。やっぱり、いずれも自分の体調面のことなのだが、すぐ動けなくなるとかいうものではないけど、決心して病院で診てもらうことにした。

といっても心配しないでもらいたい。私も、気分転換ぐらいに考えている。
会員さんの中には、すごく心配してしまう人もいるので念のため。

(MOK代表 原)

またひとつ前進

ジムオープン以来、はじめて練習着を忘れてしまった。

まあ、下だけ忘れたので、ジーパンでやったが、やはり集中力が散漫になっている証拠だと思う。

今日は、営業が終わったあと、掃除をしたのだが、遂に妻に手伝ってもらってしまった。そこまでは、手をかけたくないと思っているのだが・・・

今週の自分の仕事の総括は、満足いく内容ではなかったが、今の自分のレベルはこんなものだと思う。それが嫌なら、変わるまで頑張ればいいだけのこと。

とにかく乗り切った。いい経験をさせてもらい、またひとつ前進した。

(MOK代表 原)

理想のジム


ある日、スドウ選手が、ぽつりと、こんなことをいった。

「僕、昨日の夜、考えたんです。原さんは、年中無休で働いていて、僕たちのミットやスパーも、全部相手して、月の練習経過を、ひとりずつ考えて、全員にメールして・・・本当に凄いなあと思いました。だから僕も、自分の仕事やボクシングを、もっと頑張ろうと思ったんです」

私はスドウ選手が、少しでも、人の頑張りを意気に感じて、自分も頑張ろうと思ってくれたことがうれしかった。正直、今週は体調も悪く、きつかったが、みんなの頑張りを受けて、頑張り抜くことができた。

私は、このMOKジムが、互いの頑張りに刺激を受けあえるような、明るく前向きな環境であってほしいと願っている。

(MOK代表 原)

膠着戦

あまりの忙しさに、昨日は掃除を断念した。早朝から仕事もあり、深夜まで残ってやるのは、いろんな意味で迷惑がかかってしまうから。

だが、今日の暇な時間に、やろうと思っていたのが、予想外の忙しさ!
申し訳ないなあと思い、久しぶりに、少しだけ凹みました。(ノД`)

限られた時間のなかで、どれだけのことが出来るのか。
そのなかで、逃げずに居続けることが大事な修行のように思う。
無理と思えば無理、やろうと思えばやれる。
膠着戦は、まだ続くようだ。

(MOK代表 原)

ロッキー包囲網

20090618215824.jpg

最近では、ロッキー選手に、スパーリングでいいところのない、ナガシ選手と、カトウ選手。一年前まで赤子同然だった相手にである。

そんな、かつての四天王たちが、復権をかけ、共闘してロッキー対策を練り始めた。なかなか、面白くなってきたようだ。

ロッキーの挑戦 PART32 封印!スーツロッキー

20090616224545.jpg
(ナガシ選手のジャブに、得意の左フックを豪快に合わせるロッキー選手)


会社帰りで時間がない時は、スーツのまま、練習していたロッキー選手。

新会員のスミカワ選手に、「スーツ痛まないんですか?」と、つっこまれて、さすがに少し気になりはじめたようだ。ここ最近は、ちゃんと着替えを持参するようになった。

それでも、本当に時間がない時は、以前のようにスーツでもやるといっている。一日でも、サンドバッグを叩かずには、おれないそうだ。

120点を目指そう!

さあ!また忙しい一週間が始まりました。
先週の自己採点は、50点。(⌒∧⌒)

指導に関しては全力で当たり、成果を上げましたが、その他の仕事に関しては、もっとできたはずでした。

ほんの少しだけ弱気が出ちゃった気がします。(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ナクナ

常に100点をキープしながら、120点を目指し続けていきたいものです(・◇・)ゞ

(MOK代表 原)

三沢選手の訃報に接して


プロレスリングノアの三沢光晴選手が、試合中に頭を強打し、亡くなった。
私は、この訃報を聞き、しばらく動けなくなり、手が震えた。

プロレス好きの私が、一番好きだったのが三沢選手だった。
選手と社長業を兼任しながら、闘い続ける姿に、敬意と、失礼かもしれないが共感を抱いていた。

記事を読むと、ここ最近は体調も悪かったようだ。さぞ大変だったと思う。
私も、重々気をつけなければ。疲労もピークにあると、集中力を欠き、強打をまともにもらってしまうことがある。

あの、受身の天才といわれた三沢選手でも、コンディションが整わなければ、悲惨な事故に見舞われてしまう可能性があったのだ。
自分も含めて、ジムでの体調管理を、しっかり見ていかないといけない。

まだ、受けいれ難いが、三沢選手のご冥福をお祈り申しあげます。

(MOK代表 原)

ロッキーの挑戦 PART31 男の誇り

20090613221713.jpg
(写真は、シュラッグで首を強化しているロッキー選手)


今日は、ロッキー選手とスパーリング。
ライトスパーリング形式で、新しい技の指導はしていたが、正式なスパーは本当に久しぶりだ。2ラウンドで行ったが、オープニングで主導権を握った私が、最後まで完全にコントロールした。

ロッキー選手にしては、珍しい完封負けだったと思う。

練習後に、エアロバイクに乗りながら、悔しさを滲ませるロッキー選手。
こんな顔を見るのも久しぶりだ。

しかし、最近のロッキー選手の活躍ばかりを見ている皆さんは、知らない、もしくは忘れているが、このジムでロッキー選手ほど、打ちのめされて悔しい思いをしてきた者はいない。
それをバネに、更なるトレーニングと工夫で飛躍してきたのだ。

スパー後、ロッキー選手と反省も兼ねて、話し合う。

私が、こういう展開になっていたら状勢は変わっていたというような話をすると、そういう言葉は受け入れない。

本当に、男らしい奴だと思う。言い訳を一切しないのだ。

「今回の経験も無駄にはしません」と力強く答えるロッキー選手。
きっと更に強くなるだろう。

ロッキー選手の最大の武器は、あきらめない、男の誇りなのだと思う。


実感


どうも、忙しさとは連鎖するようで、次々と襲い掛かってくるけれど、だんだん慣れてきて、余裕ができてきた。

今週は序盤から、かなり苦しかったが、その難局を乗り切るために、各々で生きたアイデアが、どんどん生まれてきた。

やはり忙しいというのは、ありがたいものだと思う。自分が鍛えられる。
それに、ジムがレベルアップしていくのが、なによりうれしい。

ボクシングの練習の醍醐味って、どんどん自分が強く生まれ変わっていくことではないかな。それと同じような感じです。

自分が変われば、周囲の見方も変わります。

うちの会員の中にも、実感している方はいると思います。それだけの練習をしていますから。

(MOK代表 原)

隣りのビルの工事が、一段落したようです。

隣りのビルの改修工事のため、先月から行われていた工事が一段落したようです。

足場とビニールシートが撤去されて、以前のように入りやすく?なりました(笑)

会員の皆様、御迷惑をおかけしました。

我慢に我慢を重ねて


日常に追い立てられ、諸々のことが遅々として進まない今日この頃。

問題点は山ほどあり、どこから手をつけたらいいのか分からない混乱と、自分への苛立ちが、瞬間よぎることもありますが、そこは我慢、我慢。

簡単にあきらめていたら、いつまでたっても積み重ねはできません。

闘いとは忍耐力が重要なのです。(⌒∧⌒)


(MOK代表 原)

サーキュレーターで、無問題

20090608215722


最近の盛況ぶりで、レンタル軍手を洗濯しても、追いつかない!(・Å・)

そこで、サーキュレーターを使って、乾燥の手助け。

これで問題解決です。Ъ(^ー´)

ロッキー選手が、またもマイグローブを進呈


ロッキー選手が、なんと、またもマイグローブの一つを、共用グローブとして進呈してくれました。

しかも最近買ったばかりの、ロッキー選手、お気に入りのグローブです。

ホントにいいのか?ありがとう!ロッキー!(・◇・)ゞ

ジムの原動力


明日は、昼の仕事がお休みなので、今日は、シンデレラルールを破って、ジムの諸々のことを、再考して、まとめてみようと思います。

私は、会員の皆様のがんばる姿に、たいへんな刺激と貴重な経験を頂いています。それが私を強く鍛え上げ、ジムを成長させていく原動力です。

ジムの運営に関して、時に混乱することもあると思いますが、そこからなにかを得て勉強し、かならずレベルアップしていきますので、長い目で見てやって下さい。m(__)m

また、ロッキー選手、カトウ選手をはじめとする、古参の会員の方々が、新しい会員の方に対して、変に意識せず、喜んで迎え入れている姿を、私はちゃんと見ています。

この場を借りて、感謝します、ありがとう!(・◇・)ゞ

(MOK代表 原)

真っ白な日

今日の練習は、トータルで素晴らしい練習となった。

もう頭の中、真っ白です、なにも浮かんできません。

今日は、よく眠れそうです。

(MOK代表 原)

強さへのゴール


今日の序盤は、昼間の仕事の疲れを引きずって、低調なパフォーマンスだった。中盤から息をふき返したが、自分も、まだまだだなあと思う。

私は、高校生の頃、父のお店(高田馬場でハンバーグ屋をやっていた)の皿洗いをして手伝っていたが、仕事が終わるとよく父は、「今日は、客に勝ったぞ」、とか「今日は、俺の負けだ」といっていた。

プロの料理人として、客のひとりひとりと真剣勝負していたのだろう。
でも時には父も、客の波に呑まれてしまい、自分の中で満足いく仕事が出来ないときもあった。

当然だろうと思う。その時、父は末期のガンに侵されていたのだから。
私は、激痛がはしる体で、必死にフライパンをふるう父の姿を、すぐそばで見ていた。

そこには世界チャンピオンより、はるかに強い男がいたのだ。
私の中の強さの基準は、この時はっきり固まったのだと思う。

今の私は、まだ仕事に対してプロフェッショナルではない。
あまい部分はたくさんある。

しかし、私の記憶には、はっきりと、“フライパンを支える両手、炎のまえで歯を食いしばる横顔、たったひとりで立ち向かう背中”がある。

ゴールは見えている。いつかかならず追いつけるはずだ。

(MOK代表 原)

もうすっかり良くなりました。

20090603192453


地道な筋力トレーニングに励む、ミキ選手。

若いせいか、顔の怪我の治りが非常に早く、もう問題ないでしょう。

来週から、マスボクシングで感覚を慣らしていこうと考えています。

あの子は、元気でいるだろうか?

今日は、新しくMOK所属となった、メイセキ選手に左フックを教えた。
本当はもっとジャブ、ストレートに時間をかけてから教えるのだが、彼は、事情があって今月いっぱいまでしかジムにいられない。

だから、その間に教えられる基本的な、一通りのことは教えておこうと思い、今週は、フックを交えたコンビネーションを教えて、来週からはアッパーを組み合わせたメニューにしていこうと考えている。
かなり詰め込みになってしまうが、その中で少しでも、ボクシングの根っこの部分を伝えられたらと思う。

そういえば昔、このジムがまだ出来たばかりの頃に、ひとりの女の子が、メイセキ選手と同じように、一ヶ月しか来れないけど、強くなりたいんですといって入会したことがあった。

あの当時は、今と違って、かなり生ぬるい残念な時代だったが、私はその子の中に、なにか強い想いを感じたので、短い期間だったが闘志を込めて教えたのを覚えている。

あの子(といっても成人した立派な女性だったが)は、元気でいるだろうか?少しでもボクシングの経験がチカラになってくれていればと思う。

(MOK代表 原)

ロッキーの挑戦 PART30 タイソンとロッキー

20090601224056


無敵の王者だったタイソン選手のKOシーンに興奮する、ロッキー選手。

ロッキー選手は、ボクシングの勉強のために、タイソン選手のDVDを購入して、現在のボクシングスタイルを確立した。

ロッキー選手も、昔の私と同じようにタイソン選手との出会いによって、なにか壁のようなものが、ぶち壊される衝撃を覚えたに違いない。

まさにダイナマイトパンチだ。
プロフィール

MOK

Author:MOK
元MOKボクシングジム代表。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる