FC2ブログ

わかりやすい男

昨日、今日と、なんとなく体が重い。
スパーやシャドーしていても、体がついてこない感じだ。とくに具合が悪いわけではないので、自分としては普通にしていたのだが、ある会員の方に「先生、今日は具合悪いのですか?」と聞かれてしまった。

“ああ、やっぱり隠せないのかあ”と自分にがっかりしてしまった。
自分が考える、強い人の持ってるものの中に、“辛くても平静でいて、人に悟られない”という項目があるのだが、いつも私は悟られてしまう。

まあ、病気のときは、しょうがないし悟られない自信もないのだが、ただ単に体が重いということも隠しきれないとは・・・(-_-#)

あれ?ボクシングは相手に弱みを悟られないように、ポーカーフェイスで闘うスポーツなんだけどな。

(MOK代表 原)
スポンサーサイト



DVD設備は、ジム中央に設置しました

20090429213516

昨日、お伝えしました、DVD設備は、ジム中央にある、ボクシング用具置場の上に設置しておきました。

ここなら、ジムの、どの位置からでも、目に入ると思います。
試合数は、少しずつ編集して追加していきますので、お楽しみに!

DVD&モニター設備が整いました

20090428202011


MOKボクシングジム会員の皆様、おまたせしました!
DVDプレーヤーと、モニターの設備が整いました。
明日から、起動する予定です。
過去の名選手の試合を流しておきますので、動きのイメージ作りに是非、役立てて下さい。

今回、設備の実現にあたり、ご協力いただいた方々には、MOKボクシングジム代表として深く感謝申し上げます。本当にありがとう!
素晴らしい誕生日プレゼントでした\(^O^)/

(MOK代表 原)

あの時、君は若かった

最近、なぜか十数年ぶりの知人と偶然に会ったり、見かけたりすることが多い。だけど、いずれも声をかけたくない感じになっていて・・・。

歳月を感じるとともに、人間、いろんな意味で努力を怠ると、こんなになってしまうのかと、怖さのようなものも感じます。

じつは今日も、高校時代の友人と、偶然に会ったのですが、その彼は、体型も、人間としての核の部分も変わらず、飄々としていて、うれしいことに、むこうから(内気な私はやっぱり声をかけられない)話しかけてきてくれた。

高校時代といえば、私がボクシングを始めたばかりの頃。
私は当時、彼に、いかにボクシングが素晴らしくて、真剣に生きることが大切かを、頼まれてもいないのに熱く語ったことがある・・・若かったな。

私が今、ボクシングジムを経営していることを告げると、一瞬だけ驚いたような顔をしたが、昔と同じように、すぐ平静に戻り、今度、久しぶりに飯でも食おうということで別れた。

高校時代、彼とはよく、いっしょに飯を食いにいったものだ。
回鍋肉の、うまさを教えてくれたのも彼だったし、吉野家の牛丼を、連続で何日食べ続けられるかを、牛丼大盛、生卵つきを賭けて争ったこともあった・・・・本当に若かったなあ(;´д`)ゞ

(MOK代表 原)


二人のサムライ

ミキ選手は、私と週4日のスパーリングを精力的に、こなしているので、確実に大きな進化を遂げている。今日は、技量もサイズも格上のカミオカ選手の胸を借りることとなった。

両者のウェイト差も考慮して、カミオカ選手には、受けて立つ横綱ボクシングをやってもらい、互いに、相手をよく観察して動くことを注意する。

20090426200203


サウスポーのカミオカ選手が、どっしりと構えてプレッシャーをかける。
構えに風格がでてきた・・・見るからに強そうだな。
対するミキ選手も、私とのスパーで場数を踏んできているので、気後れすることなく、いつもの調子で軽快にジャブを飛ばす。

カミオカ選手のプレッシャーは相当のものだ、私が一番よく知っている。
ミキ選手は、よく普通に動けるなと関心する。

それどころか、何度も鋭いコンボを放ち、アッパーカットや、昨日、教えたばかりの技も果敢に仕掛けていき、カミオカ選手を驚かせる( ̄□ ̄;)!!

「失敗という言葉はない、なにもやらないのが最大の過ちだ」と教えてきた。
新しいことを試みようとすれば上手くできるはずがない。
大きく失敗して傷つく可能性は高いに決まっている。
だが、それが本当に失敗といえるのだろうか?
そこから何かを学んで成長していくものではないのか?
ベテランは最初からベテランではないのだ。

2ラウンドの素晴らしいスパーリングが終わり、両者とも晴れやかな顔で健闘を称えあう。カミオカ選手は、ひとりのファイターとして尊敬の念をもって両手で握手を求める(ここが彼の美徳であり、好感をもつところだ)

二人とも、いいサムライになってきた。



突然、出来るようになった。

今日は、あいにくの雨です。気温も下がり、寒いのでストーブをつけてしまいました。ジムは、残念ながら静か~な感じです。

高校生ボクサーのミキ選手だけは、いつもと同じ時間に来て、練習していきました。彼は、自分で決めた目標である、「毎日練習」を、今も変わらず守りつづけています。

私も、毎日ブログを更新することにしました。
彼に触発されてということもありますが、突然、書けるようになったのです。(まだまだ拙い文章ですが)

たかがブログと思われるでしょうが、私にとっては、なかなか難しいもので、何時間、かかっても一行と思い浮かばないことなど、数え切れないことでした。私が、模範としている方たちは、私より忙しいと思える環境にあるのに、ホームページの更新や、その他の書き物をこなしているのに、自分は何故、こんな簡単なことも出来ないのかと情けなくて、ジムで、ひとり泣いたこともあります。

とにかく全ての仕事の処理スピードが遅く、複数のことが効率良く出来ず、焦りと自己嫌悪の毎日でしたが、今年の三月にはいってから、本当に突然、「あ、書ける」といった感じで、ふつうに出来るようになったのです。

本当に不思議ですね。

(MOK代表 原)

自転車問題

MOKボクシングジムは、東十条駅前にあるので、非常に分かりやすいのだが、三階にあるジムへの入口が、隣りのATMとの間にある路地を通らなければならないため、見落としてしまい、宅配業者なども、時々迷ってしまうようだ。

このATMの上には、人が住んでいて(最初知ったときは驚いたのだが)、大きな鉢植えや、鉄柵で、大量に駐輪している自転車から、玄関スペースを確保していた。しかし、引っ越したのか、その鉢植えや鉄柵が撤去されてしまった。今のところ問題ないが、更に自転車無法地帯と化してしまうのか、ちょっとだけ心配である。

(MOK代表 原)

次のステップへ

もうすぐゴールデンウィークです。
今年は1日だけ、お休みをいただくことにしました。とはいっても昼の仕事がありそうなので、完全なオフとはいかないようですが。

この連休中に、コンディションを整えつつ、英気を養い、ジムを次のステップに進ませるための休暇にしようと思います。

(MOK代表 原)

リハビリから一転!

今日は、ロッキー、スドウ、そしてナガシの、3選手の練習時間が珍しく重なったため、滅多にないチャンスということで、しばらくは、リハビリ予定だったナガシ選手との対戦が早くも実現することになった(笑)

スペシャルマッチ フェザー級二回戦 ナガシ対ロッキー
20090422220601.jpg
ナガシ選手のコンディションを考慮して、2ラウンドのみ。
私も、注意深く状態を見ながらだったので、写真は開始直後の1枚しか、まともに撮れなかった。

それだけロッキー選手のアタックが素早く、目が離せないのだ。
しかし、ナガシ選手も適時にストップヒット(ジャブ)で突進を止め、パワーに対して、タイミングで勝負する上手さを見せる。

2ラウンドとは思えない内容の濃いものとなった。

スペシャルマッチ2 フェザー級一回戦 ナガシ対スドウ
20090422220608.jpg
スドウ選手は、すでに私との3ラウンドのスパーを消化したので、この対戦は予定していなかったが、スドウ選手、たっての願いにより実現する。
今回が初対戦のカードである。

スタミナの消耗度を考えて、1ラウンドのみの対戦。

スドウ選手は、左手を掲げながら、プレッシャーをかけていく。
ナガシ選手は、体の動きでタイミングを変えながら応戦。
一進一退の駆け引きが繰り返される。

後半、スタミナを失ったナガシ選手は、スドウ選手の鉄の拳を抑えることができず、押し込まれてしまったが、この二人の対戦も、今後、楽しみなカードになることは間違いないだろう。

しばらくは、リハビリです。

20090421221147


腰の爆弾を抱えるナガシ選手は、しばらくは軽めの調整が続く。

スキルは高いだけに、フィジカルが整えば問題なく、闘えるだろう。

ロッキー選手やスドウ選手との対戦が楽しみだ。

五月の休館日について。

今年度のゴールデンウィークは、大変申し訳ありませんが、5/6(水)のみ、お休みさせていただきます。あとは通常通りの営業となります。

ロッキーの挑戦 PART25 そして、ロッキーも帰ってきた!

20090419221948


チャンプが10日ぶりに出張から帰ってきた。

ロッキー選手にとって、10日のブランクは、はじめてだが、まったく問題ないようだ。相変わらずの強烈なボディブロー!

そして決め台詞の・・・

「爽快です!」 デタ━(゚∀゚)━!!

誇りに思う


今日はミキ選手と、昨日はスドウ選手とスパーリング。

二人とも、入会当初の頃を考えると、本当に強くなった。
半分寝てても相手ができていたのに、最近では、ハッと目が覚めるような攻撃を繰り出してくる。カミオカ選手も、フェイントに引っ掛からなくなり、可愛くなくなったが(笑)とても強いボクサーになっている。

ボクシングが上達したこともうれしいが、彼らが明るく朗らかに、ボクシングと接してくれるのが、私は一番うれしい。

自分は間違ってはいなかった。
とても良いジムだと誇りに思う。

(MOK代表 原)

久しぶりに“無題”

やはり、ボクシングは、純粋に楽しいスポーツだと思う。
“腕っ節の強さ”を比べるというのは、ただの一面に過ぎない。
今日は、また一つ確固たるものが、自分の中で固まってきたと思う。
私にとってボクシングに本物も偽物もなく、ただ違いがあるだけなんだ。
その違いを尊重したいし、私のボクシングも大切にしたいと思う。

(MOK代表 原)

シンデレラルール

昨日は、どういう訳か、ブログの更新が受理されず、思わぬ時間を食ってしまった。私には、シンデレラルール(笑)というのがあり、なるべく夜12時までには、城(ジム)を出て家に帰るようにしているのだが、木鶏通信の配信も重なり、結局1時半になってしまった。

眠りが深い方なら、なんの問題もない時間だろうが、私は、おそろしく浅いので、あまり回復せず、早朝からの重労働は、結構きつかった。

今、この記事を書いていても、目がくらくらしているので、今日はこの辺で、かんべんして下さいm(_ _)m

(MOK代表 原)

毎日がスパーリング

私は、ほぼ毎日、誰かしらとスパーリングをしている。
はっきりいって現役時代よりスパーリングの数だけは多い(笑)

いくら私が一から教えた生徒たちとはいえ、彼らは熱心に練習し続け、とうに体力では私を上回っている。正直しんどいときもある(;´д`)ゞ

でも拳を合わせて分かることもあるのだ。
私の父は、よく子供の頃の私と相撲をとった。
相撲をとることで、子供の成長を肌で感じ、受け止めていたのだと思う。

私は父と相撲をとるのが大好きだった。

だから、まだまだスパーリングはやるつもりだ。
でも、妻にだけは心配をかけないように、自重しようとは思う。

(MOK代表 原)

淡々と・・・


今日は、手が空いた時間に、ジムの備品の手入れを行った。

グローブを消毒して、きれいに拭いていると、パンチンググローブが、かなり傷んできていた。今回の定額給付金をありがたく使わせていただき、二個ほど補充しようと考えている。

それから、けろりぃぬ氏に作っていただいたポスター側の逆には、ビニールテープでジムの名前を、私が作って貼り付けているのだが、こちらも、補修した。

こんな細かなことから、大きなことまで、やることは、たくさんあるが、淡々とこなしていこうと思う。

(MOK代表 原)

ボクシングっていいなあ

今日、ジムに来て、いつものようにメールをチェックすると、昨日の友人からメールが届いていた。その内容が、ボクシングというスポーツの純粋さを、とてもよく表していたので、了解を得て紹介させてもらうことにした。

分かり難いかもしれないが、ボクシングが、ただの殴り合いで、どっちが強いかというだけのスポーツなら、私は、まったく興味がなかっただろう。

(MOK代表 原)




MOKボクシングジム 原代表殿

おう! 昨日はありがと。
帰りの電車で君のブログ見て思わずニヤリと笑ってしまったよ。
今日は久しぶりに会ってお互い『社会人としての近況』や
『現在のボクシング感』に」関して、
小一時間ぐらい喋って談笑したけど、
俺としては会ったときに“絶対に避けたいな”、と思っていた
“グラブ合わせ”をしてしまったよ(笑)
なんか、お互いニコニコ、ニヤニヤ談笑して別れるのが寂しい気がして・・・。
やっぱり八年前と変わらず、“ジャブの当たる距離感の戦い”にて
俺の完敗!(笑)
あれなら、いつでも君のジャブや右ストレートの当たる距離だし
位置取りだよ。
負けたよ(笑)
けど、やっぱり手を合わせたほうが
“4月11日という日の思い出”が
残ったからよかったゼ。
『あしたのジョー』の価値観と同じで
“何万回の上っ面の語らいより拳を交えたほうが分かり合える”
って感じで、
俺ららしい、“やりかた、分かり合え方”
でよかったなって、つくづく感じたよ。
今度は飯でも食おう。
お互い社会人としては、こんな、ご時世、苦戦の連発だけど
くぐり抜けられるさ!↑
また、都合のいいとき誘うぜ。
では、また!

8年ぶりの再戦


今日は、8年ぶりの再戦となった。

つい先日、36歳でのカムバックを断念した、私の友人が、ふらりと訪ねてきて、私と2ラウンドだけ手合わせしたいといい、急遽、やることになった。

彼と手合わせをするのは、8年前、個人的にボクシングを教えていて、「本気でプロになりたかったら、早くジムにいけ」といって最後に、激しいスパーリングで送り出して以来となる。

本当に突然だったので少々、面食らったが、なんとなく彼の気持ちが分かったので、喜んで受けることにした。

第一ラウンドのゴングとともに、時計の針が動きだし、かつて、毎日のように練習していた時が、よみがえる。あの後、彼は見事、夢を果たしプロボクサーとなり、私も夢を叶え、ジムを開いた。

構えから、数発のパンチの交換で、プロらしいスタイルに変わったと感じた。途中で、昔、私が教えた戦法を使ってきたので、思わず笑顔がでる。

始まるまえに彼は、「殴られるのはいいけど、(私に)失望されるのだけは絶対に嫌だな」といった。視力がプロの規定に足りず、手術してまでプロになった人間の技が、失望するほど軽い訳がないだろう。

今日の再戦で、本当の意味で一区切りついたのであれば、私はうれしいし、やりたければ、また来ればいい、いつでも相手になってやるさ。

(MOK代表 原)

ベッキーになる!

昨日、テレビでタレントのベッキーが、忙しい、疲れたという言葉を使わないようにしているといっていた。

私も最近は、意識して、なるべく使わないようにしている。
というのは私は、この言葉を思いっきり吐くほうだからだ(笑)

「疲れたっていうなよ!」と職場の上司に、度々注意をうけていたが、なにせ本当に疲れやすいし、自分では以外と気がつかず口癖(お約束?)のようになっていたところもある。

ところが過去、ブログに書いた自分の記事を読み直すと、苦しい心情とか、怪我や病気になったことばかり書いてあって、非常に恥ずかしく情けない気持ちになった( ̄ロ ̄lll)オマエボクシングジムダロ!

それ以来、体調を崩したりしたことは書かないことにして、なるべく弱気を文字にしないことにした。そのため、最近の記事は、若干、気合オヤジのようになってしまっているのだが┗(゚Д゚)┛キアイダー

まあ、ベッキーのような元気ハツラツな感じまでにはなれないだろうが、やっぱり前向きで明るく元気なジムにしたいので、マイナスは吐かないことにしよう。

(MOK代表 原)

まだ闘ってなかった


今、ブログの方を、もう少し見やすいように、書き直している。

文字を大きくしたり、点や改行を使ったりして、情報が目に届くように。
あと、ホームページが整然としていると、SEO対策になると本で読んだので、まずはやってみることにした。これからは被リンク数も増やしていく。

こんなことは当たり前なのだろうが、恥ずかしながら私は、最近になって本を読んで、SEO対策や被リンクなどの言葉を知ったぐらいで、本当のところ、まだよく分かっていない。

PCで新しいことを試みようとすると、言葉の意味から調べなければならないし、馬鹿だから恐ろしく時間がかかる。

だから今、昼間の仕事の休憩時間に本を読んで少しずつ勉強している。

そもそも私は機械が苦手なため、わざと遠ざけていた節がある。そんなことだから、いつまでも自分の殻を破れないのだ。昔から自分は、嫌なことから逃げるところがあり、それが嫌でボクシングを始めたというのに・・・
チャレンジスピリットがまだまだ足りなかったようだ。

自分が変わらなければ、なにも変わらないだろう。

私は変わりたい、だからやる。

(MOK代表 原)

悩みと喜びと

教えるというのは本当に難しい。

誰でも自分の思い通りにいくのなら、苦労はないが、そうはいかない。

だからこそ、人間力が磨かれるのだが・・・

私は、経営者としても、指導者としても、今だ未熟であり、勉強しながら手探りでやっている。小さな、つまずきなど日常であり、実践、反省、再考の繰り返しだ。

特に指導に関しては、自分の何がいけなかったのかと悩みも多い。

なにがおもしろくなかったのか、少し強く言い過ぎたのかと、よく考える。

皆、それぞれに目的があり、意識も違う。

私の考えは、やるからには、そのそれぞれのなにかを掴みとってほしいと思っている。

ささやかなものを求めるなら、私は暖かく見守ることにしている。

多くを求めるなら、その分、抵抗は大きい。
私も、ときに厳しいことを言わなければならない。

等しくいえるのは、私は、皆の喜ぶ顔がみたいという一点なのです。

(MOK代表 原)


ロッキーの挑戦 PART24 しばらくお休みします 

20090407211536

ロッキーが、新入社員の研修の引率の為、2週間ほどジムワークを、休むことになった。練習に長期間、来れないことを非常に残念がるロッキー。

「休んでいる間、体がなまらないように、出張先のホテルでシャドーと腹筋だけはやります」という。ロッキーのことだ、本当にやるんだろうなあ・・・

すぐやる、必ずやる、出来るまでやる

今日は、ジムで手が空いた時間に、以前からやらねばと思っていながら忘れがちなことを、急に思い出したので、すぐやることにした。

「また明日でいいや」じゃ、いつまでもやらないし、そのことで精神的に不衛生になりたくないので、面倒な作業だったが、すべて終わらせました。

最近、本を読んでいて、「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」、という言葉がでてきて、なんとなく心に残ったので、それを実践することにした。

私の場合、必ずやる、出来るまでやるというのは、しぶといので自信があるのだが、すぐやるというのは、はっきりいって苦手なので、それを戒めるため、この言葉を常に心にとめておくことにしている。

(MOK代表 原)

集中力と繰り返し

最近、会員の皆さんが練習に来る、ピークの時間帯が早くて、以前とは逆になっている。練習も、規律正しく、疲労を残さぬように、30分から1時間の、「短い時間でビシッと練習」が浸透してきている。

運動としての負担レベルや精神的高揚から見ても、このスポーツと長く付き合っていくには、これがベストだと思う。

私は、毎日やるなら、1分だっていいと思っている。たかが1分と笑われるかもしれないが、集中力と繰り返しの力は凄いパワーを秘めているのだ。

(MOK代表 原)

例の三人組

20090404212715

MOK一、熱い奴らが珍しく同時間帯に、そろって練習。

ロッキーは、友人との食事の約束まえに、15分ほど、サンドバッグを叩きに来た・・・どんだけ熱心なんだ(゚△゚lll)

ミキとは3ラウンドのスパーを、カミオカとは3ラウンドのハードなミット打ちを連続で相手する。

私も、まだまだ負けていない。

彼らより熱いのは、この私だ┗(゚Д゚)┛ゥォー

本当の必要性


健康にとって食事と睡眠というのは不可欠です。

私は子供の頃から、健康面に不安があるので、しっかりした食事と睡眠をとらなければなりません。

以前は食事を抜いたり、徹夜することも多かったのですが、私のような虚弱体質では耐え切れず、結果的に良い仕事ができませんから、意識してとるようにしています。

ひとりでジムをやっていると、そうそう、病気になってはいられません。

これまでの経験から、私なりの健康法が、いくつか生まれましたが、三月初めに体を壊してからは、更に徹底するようになりました。

巷には、健康や食事に関する情報があふれています。

大体、どれも正論であり正しいことが書かれていますが、それを即、実行できる人は、なかなかいないのではないでしょうか。

結局、痛い目をみないと、本当の必要性には気がつかないものです。

(MOK代表 原)

ロッキーの挑戦 PART23 嵐を呼ぶロッキー

20090402212158

今日はとても風が強い日だったが、ロッキーと、私のスパーは、それを上まわる、嵐のような激しさだった。

ジムも閉館が近く、ほかには誰もいない。
こういうときは、なぜかロッキーとのスパーは壮絶となる。

一撃のパワーに重点を置いて練習していたロッキーは、確実に破壊力が増していた。そしてボクサーとしての地力がついてきている。

ロッキーは、このところ、仕事が忙しく、スパーも久々だったが、なんだかんだと練習には来て、サンドバッグだけは叩いていた。もう少し戦力が落ちているかと思ったが、地力がつき、レベルが上がったようだ。

37歳の今

 
37歳になった。

流されて生きていた時もあり、ぼんやり生きていた時もあり、必死に頑張っていた時もあった。

流されて生きていた時は、どこに流れ着くのか、常に不安だった。

ぼんやり生きていた時は、平穏で楽しかったけど振り返ると、ぞっとした。

必死に頑張っていた時は、苦しかったけど、毎日が輝いていた。

そして今、毎日が輝いている。

プレッシャーに負けそうになることもある。
体が、指一本、動かなくなることもある。
まったく、うまくいかず自信をなくすこともある。

それでも闘えるのは、人生を頑張れる喜びのほうが大きいから。

困難を克服することこそ喜び。

天よ我に百難を与えよ!

(MOK代表 原)




プロフィール

MOK

Author:MOK
元MOKボクシングジム代表。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる