FC2ブログ

季節の変わり目

11月も、もうすぐ終わる。
11月は私にとって、そしてMOKボクシングジムにとって転換期だった。
秋から冬への衣替えのように。
そして、そんな時期は必ず風邪をひく私。

(MOK代表 原)
スポンサーサイト

御迷惑をおかけしております。

11月から営業時間が変更して、平日18時オープンとなりましたが、
諸事情により5~10分ほど遅れてしまうことがあります。
誠に勝手ながらご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

(MOK代表 原)

トラストコーポレーション

20071124191751.jpg
私がお世話になっている、トラストコーポレーション様から暖房器具を2台も譲って頂きました。
私自身もですが、ジムのピンチを救っていただき、本当に助かっています。
深く、深く感謝します。

(MOK代表 原)

ベリープロテクター

071119-2142.jpg
これも兄の援助により、購入したベリープロテクター。
以前からミット打ちのバージョンアップに欲しかったアイテムだ。
これならボディブローを打つイメージが持ちやすいと思う。
問題は私の体が持つかどうかだが・・・。
まあやれるとこまでやってみようと思う。

(MOK代表 原)

鼓動

071119-2133.jpg
私の兄が援助してくれたお陰で新競技への第一歩を踏み出すことができました。
先週の土曜から写真のフルフェイスのヘッドギアをつけて、
まずはマススパー形式で一週間、試験してみた結果、ヘッドギアの耐久力は問題無いが、
万全を期してマウスピースの装着は義務化することと、競技への参加は毎回、当人の自己申告にすることにしました。
一週間、協力してくれた会員の皆様に感謝します。
今後は希望者とゆっくり楽しみながら、少しずつルールを固めていこうと思います。

(MOK代表 原)

自転車がいっぱい

今日、ジムに到着すると大量の自転車が入口を塞いでいた。

ただでさえ分かりづらい入口なのに自転車で塞がれるとまったく分からないな。
おもえば一年前、この自転車をどうしようかと考えて、あのコーンに看板をくっつけたのを作ったんだよね。

それにしても今日は自転車の数が多すぎてコーンが出せなかった。
まあ最近は雨の日とか風が強い日は出さないけど。

(MOK代表 原)

エアロバイク導入

20071123155513.jpg
昨日、届いたエアロバイク。
私の弟がMOKの為に進呈してくれました。
置く場所はどこにするか、会員と決めようと思います。

(MOK代表 原)

生まれ変わるために

最近、色々と改変しなければならないので、ブログの更新ができなくてすいません。特に「ボクシング講座」の更新は全くできていませんね。

もう少ししたら落ち着きます。時間が足りないだけで書きたいことはいっぱいあるので、しばしお待ちを。

(MOK代表 原)

合同練習

今日の練習は、みんなでサンドバッグをかなり打ち込んだ。
最近、みんなタフになってきてるけど本気で打ち込むと疲れのレベルが違うようだ。
個人でバラバラに練習するのもいいけど、こういう合同練習もおもしろいかもしれないね。

(MOK代表 原)

ゆっくりでいいんだ

20071007182125.jpg

心が変われば、態度が変わる。

少しづつ、ゆっくりでいい。

自分が込めた想いの分だけ、ボクシングは応えてくれるから。

(MOK代表 原)

ブログのこと

過去、自分の書いたものを見ていると実に恥ずかしい。
ジム経営者としての自分より、一人の人間としての自分の感情が勝ちすぎてる。
自分はいいけど、たまたま目にした方やMOKボクシングジムに興味を持ってくださった方に対して失礼だ。反省してます。
今更だけど、これはMOKボクシングジムのブログなのだから。
今後は視点を変えて書いていこうと思います。

それから、誰が書いているのか分からないという声を聞きます。
最近では全て、私(原)が書いているのですが、一応最後に名前を書くようにします。では早速。

(MOK代表 原)

この子の名前募集中

071107-1803.jpg

「今日のカトウ」の、あのカトウくんが

一周年記念にプレゼントしてくれた

受付のモンキーちゃんの名前を募集してます!

サービスって何なんだ?

うちも一応サービス業という部類に入るんだろうか?
でもMOKができるサービスっていったい何なんだろう。
最近のスポーツジムの話を聞くとプールあり、サウナあり、温泉あり、様々なサービスを提供している。まるで保養所だ。
うちにそんなサービス求められても出来る訳がない。
結局、サービスって、その人の求めるものによって捉え方が変わってしまうと思う。スポーツジムがつまらないという人もいるでしょ。

はっきりいって、うちは保養所ではない。そういう期待には応えられません。MOKボクシングジムは精神や技術を磨き鍛える修練の場です。

サンドバッグやミット打ちをしていると、とてもきつい瞬間があります。でもそれを乗り越えた時、自分が誇らしく、愛しく思える。
それは小さなことだけど、人生にとって尊いことだと思う。

(MOK代表 原)

新たなスタート

MOKボクシングジムは一周年を迎え、今日から2年目がスタートしました。

初年度のテーマは「楽しい」ということでした。そしてこの「楽しい」という言葉の意味を深く考えさせられる一年だったと思います。

私が思う「楽しい」とは「闘う」ということです。

「闘う」といっても殴り合いが楽しい訳ではありません。

どんな困難や逆境にも立ち向かい、チャレンジすることが私にとって最大の「楽しい」ということです。

ボクシングを始める前の私は、すべてにおいて「闘わない」人間でした。
負けて傷つくことを恐れ、無関心を装って生きていました。

ボクシングはそんな自分に「闘う」勇気の素晴らしさ、そういう人生の「楽しさ」を教えてくれた、私にとってかけがえのないスポーツです。

私はボクシングを指導する中で、技術的なことも勿論ですが、この気持ちを一番大事にしています。

2年目も私は闘い続けます。新しいことにも勇気をもってチャレンジします。ボクシングの新たな可能性を創造します。

一緒に闘いましょう。そしてあなたも参加して下さい。
MOKボクシングジムは、あなたを待っています。

MOK代表 原 浩昭
プロフィール

MOK

Author:MOK
元MOKボクシングジム代表。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる