FC2ブログ

ボクシング基礎講座(3)

1.右ストレート

※ボクシング基礎講座は、オーソドックス(右利き)で説明しています。サウスポー(左利き)の方は、左右を反対にしてお読み下さい。

いよいよ右ストレートです。

(1)基本の構えから、拳を水平に前へ突き出します
(2)その際、腰を捻りつつ上半身を反転する様に左肩より前に右肩を出します
(3)目標とする位置(練習の場合は最大限に延ばしましょう)で、拳を握り込みます
(4)同じ軌道で拳を元に戻します

今回も動画を用意しています。

(2)が文章だと解り難いので、動画後半のスローで確認して頂きたいのですが、打ち出し前は腹を向けている状態なのに対し、インパクトの瞬間は、背を向けています。
(3)がインパクトの瞬間になるのですが、この瞬間だけしっかりと拳を握り込んで下さい。拳を戻す時は、力を抜いて下さい。

右ストレートを筆頭にボクシングのパンチは、ほとんどが腕の力を必要としません。
充分に肩と腰を反転させる事で、非常に強力な破壊力を生み出します。
腕力に自信がある人ほど、腕に力が入ってしまう傾向にありますので、腕にあまり力を込めすぎない様に注意しましょう。

少し補足します。
練習を始めたばかりで慣れないうちは、腕を元の位置に戻すのを強く意識して練習するといいです。
理由としては、基礎講座(1)で書いた様に基本の構えが防御に繋がります。右ストレートが百発百中で一撃で相手を倒せない限りは、攻撃から素早く防御に移行する必要があります。
攻撃から構えが速ければ速いほど、相手に付け入る隙を与えない事になります。


2.ワンツー
ジャブ・右ストレートの次は、基本コンビネーションのワンツーです。

(1)基本の構えからジャブを打ちます
(2)ジャブで半身になった上半身を反転させる要領で右ストレートを打ちます

動画です(※サンドバッグを叩いている音が入っています)

右ストレートは、腰を捻りつつ反転させるのが重要と書きましたが、ワンツーはより大きく反転させます。
ワンツーは、基本ですが"基本にして最大"と言っていいほど、強いパンチです。
ジャブが右ストレートの威力を最大限に引き出すのが要因で、右ストレート単体よりも強力になります。
練習の際は、正面からの動画を参考に若干斜めに打ち出すと、腰の回旋が充分に行われて良いです。

ワンツーをイメージする時、解り易いのは弓を引く動きかと思います。ジャブで引き絞り、右ストレートが放たれる矢となります。弓を引く時に強く打とうと考えると、体が自然と半身になる筈です。(放った後、自分で矢を素早く回収するのは、違う点でしょうか)
物理的な力については、デンデン太鼓が近いですね。強く反転させる程大きい音が鳴ります。

コンビネーションについて
ようやくコンビネーションまで来ました、ボクシングは展開の速いスポーツで、様子見以外で単体のパンチを繰り返す様なケースはあまりありません。つまり攻撃の基本は、コンビネーションとなります。
ボクシングは、コンビネーションの組み立てが全てと言っても差し支えないと思います。
一口にコンビネーションと言っても、攻撃のみではありません、スウェーやダッキングなどのボディムーブからのパンチもコンビネーションになります。
基本的な部分はシンプルながらも、その創造性は非常に高く多様である点が、やってて面白い理由の一つかと思います。

次回は、左フックを予定しています。
仕事もあるので毎週日曜日しか活動しておらず、ペースが遅くて申し訳ないです。

(ブログ管理人)
スポンサーサイト

ボクシング基礎講座(2)

1.フットワーク
説明文では、微妙なニュアンス等でしっかりと伝わらないので、良い例と悪い例の動画を用意しました。

(1)良い例


・左足を先に出し、右足を基本の構えの時と等間隔に引き付けます。
・右足の踵を上げ、膝を柔らかく使います。


(2)悪い例

・両足同時にピョンピョン跳ねる
・地面から足が離れる
・左膝が真直ぐに伸びる


剣道の摺り足とよく似ていますので、剣道経験者はフットワークを覚え易いかもしれませんね。
うまく出来ない場合は、反復横跳びの要領でずっと左に移動してみましょう。
足運びが、左に踏み出して右足を寄せる形なので、フットワークの練習になります。


2.ジャブその2
その1では、腕の動きを説明しましたが、今度はフットワークと共に打ちます。

・フットワークのリズムで、左足を踏み込むと同時に左拳を打つ
・その際、基本の構えと腕の軌道をその1で説明した通りにする


これがフットワークで踏み込みつつ打つジャブになります。
手だけではなく、フットワークと連動する事で威力・スピードが変わります。

反復練習をして、フットワークとジャブを打ち出すタイミングが合ってきたら、前に踏み込みつつ前進して打ってみましょう。

2回めは、ここまでです。フットワーク伝わりましたでしょうか?
動画をようやく配信できる様になったのですが、IEでの動作確認しかしていないので、環境によって見れない場合もあるかもしれません。
次回は、いよいよ右ストレート・ワンツーをお送りする予定です。

(ブログ管理人)
プロフィール

MOK

Author:MOK
元MOKボクシングジム代表。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる