FC2ブログ

ジョーの野望 ROUND9 ロッキーカムバック!

moblog_c844938e.jpg
<伝説との戦いを楽しむジョー選手>

転勤続きで、年に数回しか練習に参加できないロッキー選手。

お互いのタイミングが合わなければ、顔を合わせることもないであろう二人。

そんな状態では、これまで手合せする機会もほとんどなく、また、体重の違いやロッキー選手の膝の状態を考えると対戦は不可能と思われた。

しかし、ジョー選手の体重が減り、ロッキー選手が太ったこと。それにジョー選手の強い希望もあったので、軽いマスボクシング程度ならと思いやらせてみることにした。

同じファイター同士だと、どうしても火力と耐久力が高いほうが圧倒的優位になってしまう。ちょうど、シンタ選手にジョー選手が挑んでも勝てないのと同じだ。

マスなので、ロッキーも力をセーブして打っていたが、もし全力で打ちにいってもおそらく敵わなかっただろう。たとえ全盛期のロッキーでも打ち崩すのは不可能に思えた。

ジョー選手は、伝説の力はこんなもんじゃないでしょうと言っていたが、そこはボクシングのシビアなところである。しかし、私もジョー選手も、ロッキー選手のセカンドシーズンを見てみたいのは共通の思いなのだ。

ロッキーカムバック!
もう東京に帰って来いよ。







スポンサーサイト

ジョーの野望 ROUND8 対戦決まれど・・・

moblog_881cca95.jpg
<ジョー選手は、ハマグチ選手とミキ選手の違いをよく知っている。今はまだ・・・>

5/29(日)に行われる予定の第32回拳合大会。

昨年11月の前大会に続き、今回もボクシングルールでの試合となる。
だが、出場を希望している、ミキ選手の相手ができるほどの選手がいない。

そこで、プロボクサーになるべく、修行中のハマグチ選手の激励と勉強を兼ねて、ふたたび、ミキ選手と対戦させてみようということになったのだが・・・

直近のミキ選手の練習を見ていると、いかに本格的なジムワークを始めたハマグチ選手とはいえ、両者の間にある実力の差というのは、依然として大きなものがあった。

二人と練習で拳を交えたジョー選手も、そのことは強く感じていたので、現段階では、お互いにとって、意味のある相手とやるべきではないかと思い、考え直すことに。

それにしても、強過ぎて相手がいないというのも考えものだ。


ジョーの野望 ROUND7 究極の試合

moblog_f3148ba7.jpg
<拳合大会の歴史は、この2人から始まった>

ジョー選手とミキ選手。

約4年前、この2人がボクシングルールで戦った、拳合第一回大会。
あれから、様々な対戦形式を試みながら、たくさんの試合を重ねてきた。

タッグトーナメントのような、特別な大会を除いた拳合大会だけで31回。
両者の対戦は、拳合ルールやタッグ戦と形を変えながら、今も続いている。

現在、ジョー選手は、自身の体質改善に真剣に取り組んでいて、以前のような無茶な減量ではなく、長期的なプランで体を絞っている。ミキ選手が本腰を入れて体を作ってくれば、また、いつの日かボクシングルールで戦う日も来るだろう。

ジョー選手は、以前から、自分のベストな体重とコンディションでボクシングをやりたいと言っていた。最高の状態で、この2人が戦えば、究極の試合になる。

年間MVPは、間違いないだろう。

ジョーの野望 ROUND6 最大の難敵

moblog_f7640311.jpg
<縦のアッパーでガードを断ち割られるジョー選手>

ジョー選手の無茶っぷりは、度々、このブログで紹介してきた。

彼は、ベストコンディションでボクシングをやりたいと数年前から言い続けているが、私が見てきた中で、今年は一番、コンディションが悪い。

彼の言うベストコンディションとは、主に体重を減らすということだが、その減量で無茶し過ぎたことが、体調を崩してしまった大きな原因の一つであることは間違いない。

私は、健康を損なうまで痩せることにこだわる必要はないと思う。
無駄な過食さえしなければ、美味しいものを食べて、いい練習ができるのだから。

確かに、入会当初のジョー選手は、ファミリーサイズのコーラを1回の練習で飲んだりしていたから、それはさすがに駄目だと思うが、今はそんなことはないだろう。

しかし、当人が感じる脂肪の重みは、私が思っているよりしんどいようだ。
なんと、腹周りの肉が邪魔で、普通に構えられないことを、昨日、はじめて知った。

ジョー選手は、かなり前屈みに構えるクラウチングスタイルを採用しているが、この姿勢が彼にとって一番楽らしい。クラウチングスタイルは、アッパーカットに弱いので、その対処法について、構えを変えることを提案していて分かったのだ。

つまり、腹筋をほとんど使わないで、動いていたことになる。
腹の脂肪を無くすには、スタイルを変えて、苦手な筋トレをやるしかないと思うが・・・

ボクシングへの情熱で、食べ物への誘惑には勝った。
だが、苦手なことに取り組む辛抱はない。

これは最大の難敵かもしれない。

ジョーの野望 ROUND5 素晴らしい景色

moblog_52e3b7f3.jpg
<ハマグチ選手の急成長に喜びを隠せないジョー選手>

おそらく、ハマグチ選手の実戦練習の相手をするのもこれで最後。

私との試合の様子を、セコンドとして見ていたジョー選手は、まだ、プロに挑戦するのは時期尚早と考えていた。だが、この最後のファイトでその考えは変わったようだ。

人間というのは、心底打ちのめされた後にこそ大きく成長するもの。
これは、私の経験上、間違いなく言えることだ。

這い上がった人間だけが、見ることができる景色。

ハマグチ選手は、私との試合の後、その素晴らしい景色を満喫しているだろう。
私は、心を折るつもりで叩き潰したが、彼はあきらめなかったのだ。

ジョー選手は、実際に手合せして、この短期間でこんなに変わるのかと驚いていた。
だが、それと同時に、これでもう大丈夫と本当に安心したようだ。

プロフィール

MOK

Author:MOK
元MOKボクシングジム代表。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる