FC2ブログ

愛を込めて

このブログは一部の元ジム会員の為に、閉鎖後の活動を伝える手段として残していたのだが・・・

残念ながら時間の経過とともに連絡がつかなくなったりして、現在は本当にごく一部の者たちだけとなってしまった。

今年に入ってから諸事情により俺も遂にスマホを持たざるをえなくなり、連絡手段としてラインを使うようになってからというもの、ブログの存在すら忘れてしまっていた。

あまりに更新しなくなったので、ラインをやらないジョーから心配のメールがきたものの、それ以外はとくに混乱もなかったので、今度こそ本当にこのブログも役目を終えたと思う。


今、自分は非常に忙しく充実した日々を送ってる。

楽しいか楽しくないかで問われると微妙なんだが、真剣に物事に向き合えばそんなもんなのかもしれない。少なくともやらなければならないことがたくさんあり、必要としてくれる人たちがたくさんいる。

それだけでいいんじゃないかな。


(元MOK代表 原 尚斗)





 私の父が病床で今生の別れに残していった言葉は、愛でした。

この世でもっとも素晴らしいのは愛だ。
人同士には色々な形の愛がある。
他人との愛、兄弟との愛、お母さんとの愛。
お前もいずれ家族を持つだろう。
これだけは忘れないでくれ。
俺と母さんは、お前のことを誰よりも愛している。


幼い頃に母親を亡くし、実の父親に捨てられた男がそれでも愛を失わず、自分の子供に残していったのが愛でした。



私と関わった全ての人たちにたくさんの愛を込めて。
本当に今までありがとうございました。
そしてこれからもよろしく!

 
スポンサーサイト



楽しくやろう

元旦に尿管結石で倒れ、つい先日は、ちくのう症が発覚。

なりたくない病の2つを短期間に発症してしまい、今年も波乱のスタートだ。

しかし、止まることはできない。
毎週のように試合があり、担当する選手は増え続けているから。

素晴らしい景色という題名で、このブログに書いた選手も、2戦目はしっかりと勝ってくれたし、今年の新人王戦は複数の選手が出るので更に忙しくなりそうだ。

要求される仕事と自分の実力がまったく追いついていないがやるしかない。

まあ、楽しくやるさ。
気負って失敗して気がついたけど、それが一番強いし、自分には合ってるらしい。





感謝しかない

日曜練習は、ジム末期に入会してくれた会員たちへの最後の責任として始めたことで、もう1年以上、月2回ペースでやってきた。

地元のキックボクシングのジムに入会した人たちも出てきたので、そろそろ俺の役目も終わりかなと考えていたんだけど、昨日、みんなの思いを聞けて、改めて続行していく意思が固まったよ。

最低限のこともやらず権利ばかり主張する奴らに嫌気がさして、もうこれ以上自分の好きなものを馬鹿にされたくない、命をかけてまで守る価値がこのジムにあるのかという疑問から結果的に俺は負けてしまった。

でも、サンドバッグも何もない場所で文句も言わず楽しそうに練習しているみんな。
人とのつながりで元ジムを知らない新しいメンバーすら増えて広がりをみせている。

皮肉なもんで、もう二度と人には教えない、自分の趣味としてだけやっていこうと思っていたのが、新しいジムでトレーナーをやらせてもらい、日曜練習でこんなにも楽しくボクシングを続けている。

本当に人生わからんし、ありがたいことだ。







若い力

17歳か・・・

俺も17の時、初めてプロに誘われはしたけどな。
あんなに上手くも落ち着いてもいなかったよ。

メインセコンドなんていっても、まだ怪我の治療ができる訳でもないから、今回も何の役にも立たなかったな。サブについてくれた人が20年のベテランだったから、俺なんていらんといえばいらんのよ。

俺に出来ることといったら、余計なことをせずに若い才能と可能性を信じて応援することだけ。






俺は降りたぜ

忙しさに慣れてきたと思った瞬間に、倍以上の労力と責任を課せられるというのを、一体何度繰り返してきたのだろうか。

実力を評価してくれてるととれば聞こえはいいんだけども・・・
世の中なんてそんなもんなのかもしれないね。

どんなに頑張ったって、やがてそれが普通になり、そして当然のようにそれ以上の成果を求められる。人なんて勝手なもんだ。俺はもう、そういうのからは降りたよ。

まあ、どこでどんな思惑があろうが、俺は俺のやれることをやって、お前なんか役に立たないと言われるまでは今の生活を続けるつもり。

はっきりしてるのは、プロボクシングはやっぱり刺激的ってこと。

俺が大嫌いな上辺だけの甘っちろいものなんて一つもない。
少なくともリングの上だけは命懸けの真実しかないんだ。

とにかく楽しいよ本当に。





プロフィール

MOK

Author:MOK
元MOKボクシングジム代表。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる