FC2ブログ

MOK拳合会

<2018年 日曜練習会の予定>
★10月14日(日)13~15時
★10月28日(日)13~15時
★11月11日(日)13~15時
★11月25日(日)13~15時




【ロッキーの挑戦】
【ジョーの野望】
【拳合記(ケンゴウキ)】
【MOKジム動画集】



※トップページになる様に日付を未来に設定しています。
スポンサーサイト

素晴らしい景色

判定なんか聞いてもいなかった。

目の前の赤一色で埋め尽くされた相手のコーナーを二人で見渡していた。

「この景色を忘れるなよ」と選手に語り掛けながら自分も一生忘れないと思った。

右手のほうから歓声があがり、相手が勝ったのがわかったが、赤コーナーの面々やその周囲だけは完全に沈黙していた。

花道を引き揚げるとき、わっと四方から観客が集まってきて、称賛と握手を求める手が伸びてきたけど、そんなことに慣れてない俺は戸惑うばかりで、係員に誘導されて先を歩く選手の後を追うので精一杯だった。


 負けたら何の意味もない。
そういう意見の人もいるだろう。
自分もそんな風にいつの間にか考えるようになっていた。

とにかく結果を出さなければならない。
負ければこのジムを手放さなければならないと、勝つことだけを考えてひたすらに突っ走っていた。いったい何が勝利なのかも分からずにね。

次につながるなんて甘っちろいことをいうつもりは毛頭ない。
そんなことはどうだっていいんだ。
ただ、簡単にはやられねえぞバカヤローって意地を見せたこと。
ボクシングは己の勇気の証明なんだ。

それを自分が見てる選手が、あの大群を前にして見事にやってのけた。
それが何よりうれしくてね。

だから、判定なんざ聞いちゃいなかった。
俺たちはリングの上で仁王立ちして、赤コーナーを見渡したんだ。

それは素晴らしい景色だったよ。

嵐とともにやってくる

1994年9月18日の世界戦第一試合。

あの日を最後にもう二度と戻ることもないと思っていた。

24年も経って、今度はトレーナーとして世界戦の前座に立つことになるとはね。

人生まったくもって分からんもんだ。

これを乗り切れば、また新しい何かが見えてくるんじゃないか。

そうしたらその時にまた考えよう。

とにかく悔いのないように!
台風が直撃しないことを祈って。



翻弄される日々

ハマグチ選手の試合が終わってから、ずっと体調が悪い日が続いてる。

最近になってようやく元気になってきたんだけど、今日は腹を下してグッタリ。

そんな状態でも、容赦なく日常は変化していき、そのスピードに翻弄される毎日だ。


 ハマグチ選手の試合は壮絶なものだった。

結果的には負けてしまったんだけど、はじめてボクシングを生で観戦した人が、こんなに感動するとは思わなかったと泣いていたくらいだから、いい試合したと思う。

本人も前向きだし、元気に練習してるので大丈夫。
問題なのはむしろ俺のほうだな。


しみじみと

明後日は、ハマグチ選手の試合。

毎回、応援に駆けつけてくれるアマノくん。

夜勤で睡眠時間が厳しくても男気で来てくれる、ジョー。

見に行けなかったとしてもチケットだけは毎回買ってくれるダイスケ。

MOKジムの仲間を本当に大切に思ってくれてるヤマさん。

そして、バイト先のオオワダさん、サカヨリさん。
有休までとって応援に来てくれること本当に感謝です。

しみじみと人の繋がりを感じます。
ハマグチ選手に代わって御礼申し上げます。



プロフィール

MOk

Author:MOk
元MOKボクシングジム代表。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる